人気ブログランキング |

ランランラン

赤ケイマンGTS、青BRZに乗っているmokuです。車関係の話がメインですが、間違っていても大目に見てくださいませ。
カテゴリ:911( 17 )
加速する楽しさと回す楽しさ
new911(992)に試乗してきました。

乗ったのは、カレラ4Sで、PCCBはないもののオプション全部乗せといった個体でした。
色はアベンチュリングリーンメタリック。
内装はスレートグレーとクレヨンのツートン。
992は、スポーツエグゾーストだと楕円二つのマフラーで、ノーマルだと丸四つのマフラーになるようですが、日本人の感覚だとたくさん出口があるほうがスポーテイに感じるような気もしました。

f0091448_21540924.jpg
エクステリアデザインで注目したのは、リアではなくフロントタイヤのフェンダーが随分広がっていることでした。
リアもすごい広がっているのですが、フロントをこんなに広げたのは初めてではないでしょうか。

f0091448_21535891.jpg
スイッチはよくわからなかったけれど、最低限のことをレクチャーしてもらい早速スタート。
ターボが効くとモリモリ感がすごい!
ドイツで乗ったGTSも派手な音でしたが、スポーツエキゾーストの付いた992もいい勝負。
加速は同じくらいに感じましたが、ラクチンさというか安定感はより進歩したのがわかります。

f0091448_21534435.jpg
フルスロットルにすると、気持ちいいというよりつらい感じがしますね。
それくらいの強烈な加速G。
80kmあたりから加速すると、3速も4速も変わりません。
厳密には3速のほうが速いのでしょうが、4速でも差が少ない感じで、とにかくエンジン回す必要がありません。
個人的には3速でガーッ!と行くより4速でモリモリ・・・と加速する感覚のほうが好きかもしれません。
6気筒だけあって音は718系とは違いますが、加速感はどちらもターボなので非常に似ています。
あまりにも100kmまでが一瞬です。
一瞬すぎてドラマチックではないかもしれません。



f0091448_21390095.jpg
ステアリングをきってみると、安定感はかなり高く、その割にインフォメーションもあって一体限界はどこにあるの?といった具合でした。
ステアリングを左右に少しだけ揺らしてみると・・・・
今までのケイマンや911になかった妙な動きをします。
「ああ、これがリアアクスルステアか・・」とすぐわかりました。
昔乗っていたプレリュードの4WSとよく似た動きをします。
ステアリングきると鼻先が向きを変えるのと同時に後ろもヨーを消して平行に動くという妙な感覚です。
リアステアは、可変ホイールベースだと思っているのですが、確かに安定性を高めてくれていると感じましたし、普通に運転している分には不自然さも感じないと思います。
これにPDCCも加わって、何をしても何事も起こらないような気にさせます。
f0091448_21542333.jpg
ただ、これらの装備によってナチュラル感は薄いかもしれません。
それにこれらのオプションは高価なので自分で付けるかと聞かれると、微妙かもしれません。
992は、車をコントロールするというより、とにかく「ハイスピードをより安全に」と訴えかけているようです。

試乗の後、マイケイマンに乗りました。
マイケイマンも非常に安定しています。
音も負けていません。
しかし安定感の種類が違うというか、何と言うか・・・
ちょっと説明しにくいですね。
とにかく扱いやすさ、運転のしやすさは一枚も二枚も992が優れています。
f0091448_21535139.jpg


992は、既存の911オーナーを満足させつつ、例えばメルセデスのSL、BMWの6、マセラティのクーペ系、レクサスのRC、とかから乗り換えやすく作られているように感じます。
それは走りだけでなく、内外装や装備にも感じさせられます。

結論としては、スポーティさはそのままに高級さと安定感をかなリアップさせたように思いました。
マイケイマンと比較すると・・・
加速する楽しさは992、エンジン回す楽しさはマイケイマンといったところでしょうか・・・







by mokumokutibita | 2019-07-18 21:39 | 911 | Comments(0)
見てきました 新型ポルシェ911(992)
お世話になっているポルシェディーラー(PC)に新型911(992)があると聞いて見てきました。
確かに空冷時代の911のようなボンネットになって前バンパーが小さくなりましたが個人的には前よりも後ろ姿のほうが好感を持ちました。
f0091448_00035959.jpg
後ろから近づかれても911とはわかるものの新型と気づかず、抜かれて「ああ!新型か」と気づくスタイルですね。



見て座って感じたのは・・・

            
f0091448_00033810.jpg



【タイヤとホイールでっかい!】
さすがの
リア21インチといったところでしょうか。OPのホイールもカッコよかったです。





【ドアノブが動いた!】
この手の車は多いものの、ついに911も・・・という感じでした。
ちょっとドアノブに触れるとシュッとノブが飛びでてきて、それから引くという開け方なのですが、これだと2アクションになるので個人的には今までのほうが良かったかもしれません。OPのキーにすると近づくと触れなくてもノブが出てくるようですが、これにお金払うのも抵抗感があります。
f0091448_00035213.jpg
しい911は、ノブが出てこないとドア開けられません。




【インパネ】
メーターというかインパネがあまりスポーツカーっぽくなく、パナメーラっぽい気がしました。
シンプルなスポーティさではなく、重圧な高級感という感じ。
いろいろな液晶パネルとかハンドルについたたくさんのスイッチとか、私はマスターできそうな気がしません。
f0091448_00034555.jpg




【カップホルダーが!】
今までは助手席側から2席分のホルダーがニョキッと飛だしてきたのですが、新型は助手席のみ飛びだし、ドライバー側はセンターコンソールにドン!と鎮座しています。これも今までのほうが良かったな~
f0091448_00034297.jpg





【オールレザー内装が!】
展示車はオールレザー内装だったのですが、レザー部分が明らかに減少しており、ウレタン部分が増えてます。
特にドアでそう感じ、上部とフットレストのみレザーという感じでした。

【おつまみ】
PDKのシフトノブはもはや「おつまみ」ですね。
実際はパドルでシフトチェンジするからノブは不要なのかもしれませんが、デザイン的にはあまり好きになれませんでした。
これだったらいっそのことなくして、ボタンで良かったのでは?

意外と否定的な感想になってしまったような気もしますが、単に新しさについていけてないだけような気もします。
以前は「これを待っていたんだ!」ということが多かったのですが、最近は「もう少し待ってください」ということが多くなってしまいました(涙)。
f0091448_00035647.jpg




by mokumokutibita | 2019-06-30 00:29 | 911 | Comments(0)
車重の話
突然ですが、「軽い車と重い車、どちらが速いでしょうか?」
速い車とは加速がいい車と考えて構いません。
私自身は、軽い車と考えていたのですが、若い知人は「重い車」と答えました。

「軽い車」と答えた人は理論的、「重い車」と答えた人は現実的な考えではないでしょうか。
この場合、軽い車が速いというより、「車は軽くすると速くなる」が正しいように思います。
逆に車は重くすると車は遅くなりますよね。
しかし現実的には「重い車が速い」と言っていいようにも思います。

例えば・・・
ポルシェカイエン、一番速いのは一番重いカイエンターボですし、どのメーカーのどのモデルも重い車が速い傾向にあります。
速い車を作ろうとすると、重いハイパワーなエンジンが必要ですし、ボディの強化や特別なカラクリが装備されていて、結果重い車となります。
ロータスの車は軽くて速いとか言われそうですが、ロータスの中でも速い車は重めの車となっています。

f0091448_21071632.jpg
ですので、「車は軽くすると速くなるが、速くするには重くなる」とちょっと矛盾したような回答になりがちです。
別の言い方をすると、走りに関係ないパーツをはずして軽くし、走りに関係あるパーツは重くなっても大きく、またたくさん付けるといった具合でしょうか。

レーシングカーのように軽くてメチャクチャ速い車もありますが、現実離れした金額になってしまいます。
軽くて速い車は、コストがかかり作るのが困難。重くて速い車は作りやすいということなのでしょう。



車(特にスポーツカー)は、モデルチェンジの都度ハイパワーになっていきますが、それに比例して重くもなっています。
30年前なら1700kg以上の車なんて数えるほどしかありませんでしたが、現在ではたくさんです。
当時、国産で一番重いスポーツカーは、スカイラインGTRの1440kgあたりではないでしょか。
カレラも996と992の20年間で150kgくらい重くなっています。



ここで考えさせられたのは、「自分が買う車、どれくらいの重さまでだったら許容できるのか」ということです。
個人的には、ミッドシップポルシェなら1420kgまで、カレラだったら1500kgまで。
BRZだったら1250kgまで
6気筒の4ドアセダンだったら1650kgまで
6気筒SUVだったら1800kgまで。
数千万もする高級スポーツカーだったら1700kgまで
あたりでしょうかね。

よってレクサスのLCとかカイエンとかM5とかウルスとか興味があるものの、仮に宝くじが当たったとしても抵抗感があるかな~と思っています。
車重については若い人であればあるほど時代的な比較対象がないので抵抗感がないかもしれません。

f0091448_21104627.jpg
どうして車重に拘るのかというと・・・

車っておもしろいもので、持ち上げてみなくても重いか軽いか運転してみればわかります。
ケイマンとパナメーラの加速と減速力が仮に同じだとしても、運転してみればパナメーラのほうが重い車とわかります。
どうしてわかるのか?

f0091448_21090853.jpg
これって「慣性力」だと思うのです。

重い車は、今の状態を維持しようとします。
止まっていれば動きたがらないし、動いていれば止まりたがらない。
このあたりを人間は感じて重い軽いを判断しているのではないでしょうか。
ですので、重い車はストップアンドゴーや右へ左へといった細かい動きが苦手なはずです。
ものすごくクネクネしたスピードの出ない山道なんかだと、タイム云々は別として「走りやすさ」はやっぱり軽い車でしょう。

スイスポは軽さのすばらしさを教えてくれました。
軽いとタイヤやブレーキに負担が少なく、長持ちします。
やばいと感じても、コントロールしやすいし減速しやすい。
加速減速の繰り返しに強い。等々

以前、タイヤの大径化についてついていけないということを書きましたが、車重についても現在あたりが限界で、今後は私も「考えの古い人」となってしまいそうです。
高齢者に旧車好きが多いのも納得してしまいます。



by mokumokutibita | 2019-03-24 21:11 | 911 | Comments(0)
911カレラS試乗
ケイマンデビューのフェアだったのですが、私はケイマンではなく911カレラSを試乗してきました。
先日718ボクスターに試乗したので、ケイマンも似たようなものと思い、まだ未経験の6気筒ターボを試乗したという訳です。
f0091448_21121782.jpg


試乗させてもらったカレラSには、大まかに次のオプションが装着されていました。
PCCB
PDK
オールレザーインテリア
BOSEサウンドシステム

コクピットはケイマンとカレラの差はあるものの、どちらも黒のレザー内装で結構私のと似た雰囲気です。

f0091448_21152939.jpg

エンジンかけてゆっくり走り出すと・・・
4気筒とは違ったエンジンの鼓動がします。
普通に走っていると、どんどんシフトアップしていき、かなり低い回転で車自身が巡航しようとします。
そのような低い回転で走っている分には、気筒数とか意識することもなく、4気筒も6気筒も似たようなものと感じました。

すいたところに行き、アクセルを多めに踏んでみると、1速はちょっとだけですぐに2速に入り、なるべく2速で加速しようとするようでした。
回してみるすと、718の4気筒とは違い、6気筒ならではのスムーズな回り方で加速していきます。

もっと獰猛な車と予想していたのですが、乗り心地も良く、スポーツエキゾーストをONにしても、ブロロロという音はケイマンGTSのほうが派手で、カレラSはとっても上品な車でした。

718ボクスターSのほうが、ターボがついていることを強く感じさせる加速感で、カレラSは確かにNAっぽい加速感かもしれません。
排気量が違うのとターボの数も違うのが原因でしょうかね。
しかしカレラSも2000回転あたりではターボ特有の「ヒュイーーン」という音はするし、あのすごいトルク感は、ターボ特有のトルク感です。
ただ、日産のGTRやAMG GTのようなバケモノじみたトルク感ではなく、それよりはマイルド。

高回転まで回す楽しみは、718ボクスターSよりもありますが、「ガツーンとキター!!」という加速感は718ボクスターSのほうが強いように思いました。
そして回す楽しみに限って言えば、やつぱりNAポルシェのほうが最近のターボポルシェよりはありがたみがあると感じます。
カレラSは、すごい加速をするものの、スピード感があまりなく、ドライバーの予想以上に速度が出ている気がします。

そしてあのお尻のどっしり感というか安定感は、独特のものがありますね。
ケイマンもお尻はどっしりしているのものの、高速道路を長距離走るなら、カレラSのほうが幾分楽ちんでしょう。

f0091448_21154443.jpg

今回試乗して欲しくなったらどうしよう?
と心配していたものの、これの約半額で買える私のケイマンは何てお得なんだろうと感じてしまったのが正直な感想です(汗)。
「最良のポルシェは、最新ではなくてマイポルシェ(笑)」

確かにいい車なのですが、このパワー公道では使い切れないし、山道ではスピード出すぎて怖いかもと感じました(私のスキルでは)。
f0091448_2116091.jpg


今回試乗してて、個人的に感じたまとめとしては、4気筒ポルシェ・6気筒ポルシェの差より、NAポルシェとターボポルシェの差のほうが大きく思いました。
by mokumokutibita | 2016-12-04 21:16 | 911 | Comments(0)
最近のポルシェオプション
最近、911カレラSのカーコンフィギュレーターをやっていて、あることに気づきました。

それは、走りを強化する「飛び道具」系オプションが、随分と増えたことです。
f0091448_08625.jpg

昔(と言っても15年くらい前のことですが)は、ポルシェのオプションと言えば、見栄え重視の「おしゃれ系」がほとんどで、インチアップのホイールとか革内装、カーボンのパーツやボディ同色パーツなどが中心でした。

発端はPCCBだと思うのですが、これが出てからは、カーコンフィギュレーターの「ミッション・シャシー系」のオプションがかなり増加してきています。

PASM、スポーツクロノ、PDCC、リアステアなどですが、PDCCやリアステアも近いうち下のモデルで選択できるようになる可能性は高いと思われます(現在はカレラS以上のみ)。
そしてこれがどれもかなりのお値段。

クロノはエンジンやミッションのマウントも兼ねてから随分高いオプションになりました。
またリアステアって40万もするんですね、知りませんでした。
昔プレリュードに乗っていた頃、似たような4WSは8万だったので驚きました。

カレラSにクロノ、ダイナミックシャシーコントロール+PASMスポーツシャシー 、リアステアリングを装着すると1,443千円にもなります。
ダイナミクス性能を求めてポルシェを買う人って多いはずだから、私を含めこういうものに弱い人は多いはずです。

またまたフロントリフティング411千円、メモリー付バケットシート712千円をプラスすると、プラス2,566千円也。
もう少し豪華に、レザーインテリア、ブルメスターサウンド、PCCBなどを付けようものなら・・・
オプションだけでそろそろケイマンとかが買えそうです(汗)。

これだけ次から次へ高額なオプションが増えてくると、何だか弱いところを突かれてる気もし、個人的には素直に喜べないものがあります。

キセノンライトやPSMなど標準装備となったものもありますが、興味をそそるオプションは増える傾向にあるようです。
by mokumokutibita | 2016-04-05 00:05 | 911 | Comments(0)
カレラ4
911のカレラ4がデビューしたこともあり、先日PCに行って見てきました。
(残念ながら、お財布は品切れでした 涙)

正直、今までカレラ4ってあまり興味を持てないでいました。
私の場合、あまりAWDの必要性はないし、カレラ4は高いし重いしと思っていました。
だからカレラ4よりカレラSに魅力を感じていました。
ひれはカレラ4Sでも同じで、カレラ4Sだったら、カレラSにたくさんオプション付けたほうがいいと思っていました。

しかし・・・
今度のカレラ4、グラマラスなデザインに惚れ惚れしてしまいました。
このデザインだけでも買う価値ありと思ってしまいました。
後ろに立って見ると、とてもボクスターやカレラの4cm差の車幅には見えず、車格が違うように見えました。

確かにカレラ4って、Sより安価なものの、Sに標準のPASMや20インチやPTVを加えたりすると、Sより高くなってしまいます。

でもこのデザイン、惚れました!
by mokumokutibita | 2013-02-02 23:11 | 911
ボクスターでの桜見物と991S
4月8日、日曜日。晴れ、風もほとんどなし、桜満開。
用がなくとも、こんな日にオープンにして出かけなくては、「一体何のために買ったんだ?」というくらいのオープン日和。
こんな日と自分の休日が重なるのは年に何回あるのやらです。(4日くらいかな)
ということで近所ですが、ちょっと出かけてみました。
f0091448_1316356.jpg

PCの近くには桜の名所があるのですが、想像以上に人がたくさん散歩をしておりました。

そしてそのままPCへ行ってきました。
買わない(買えない)とは思いつつも、興味のあるカレラSに試乗してきました。
f0091448_13201584.jpg


以下ありきたりの感想ですが・・・
by mokumokutibita | 2012-04-08 13:50 | 911 | Comments(4)
991とカフェ
東京青山に期間限定でオープンした「ポルシェカフェ」に行ってきました。
f0091448_14494291.jpg

店の前には、カーズレッドのNEW911カレラが展示されていました。
このヘッドライト、すご~く縦長なんですね。モーターショーでは気づきませんでした。
f0091448_14514966.jpg

内装はルクソールベージュのオールレザー。
f0091448_1453590.jpg

ダッシュボードは、先端まで遠くなって、お弁当が広げられそうです。
フロントガラスの付け根がすごく湾曲しているので、真ん中あたりは特に遠いです。
内装は、えらく立派になった感じがします。

カフェと言ってもここはちゃんとしたレストランで、鍵を持っていくとアンケートを書かされ、ドリンクを一杯いただくことができます。
f0091448_14573924.jpg

この赤いドリンクがそれなんですが、名前はなんと「ガーズレッド」、ノンアルコールのパイナップル味でした。

店内にはこんな自転車も展示してありました。
f0091448_14594073.jpg

パスタランチで1600円くらいですが、デニーズで食べた後だったので、せこくデザートだけで退散いたしました。
次回は6月にオープンするそうなんですが、その理由を考えると、ボクスターが6月に来るってことなんじゃないかなと思っています。

More
by mokumokutibita | 2012-03-10 15:36 | 911 | Comments(10)
東京モーターショー  ①ポルシェブース
行ってきました東京モーターショー。
初日だし、東京での開催だし、輸入車の出展も多く混雑しているのは覚悟していましたが、ものすごい人でした。
だんだん入場者が減少しているとの話でしたが、今回の来客数は期待できるのではないでしょうか。
ご飯なんて永遠に食べることができません。ずら~と列が続き、席に座れるのはいつになるのやら・・・という状態が11時から15時まで続いてました。私は当然昼抜きです。

それにしてもすごい建物・・・
f0091448_22362392.jpg

今回のショーでは、ちょっと改善をお願いしたいメーカーが二つあります。
まず「ホンダ」。
ホンダのブースはちょっと演劇っぽい演出のため、人が立ち止まったまま流れません。
車の展示だけだと人は車を見たらすぐ「どく」のですが、演劇っぽい演出だと人はどかずずっとそのまま20分とか見ています。そのため、私はいつまで経っても車を充分に見ることができませんでした。

それから「トヨタ」。
86は話題の車なので、一台だけではなくせめて二台展示するべきだったと思います。
86を見るには10分くらい人ごみの中でがんばらなくてはなりません。それはもはや格闘で「押すな押すな!痛い痛~い!」とパニックになる可能性大です。
その点スバルはBRZを二台、プラスBRZのレースカーまで展示し、人を分散させていました。

歩き疲れると、お茶でもだしてくれることを期待してポルシェブースに行きました。
f0091448_22371397.jpg

新911はやっぱり人気で人だかりができていました。911はカレラとカレラSの二台展示です。
今回ポルシェは全車種シルバーで統一しているようでした。ケイマンR、ボクスターも展示されていました。
f0091448_22392326.jpg

これを見てしまうと、オイルとかの注入口だけ開いて、後はケイマンのようにボルト止めでもいいように思います。
f0091448_22403166.jpg

f0091448_2242936.jpg

f0091448_22422334.jpg
どちらのカレラも20インチホイールを装着していましたが、20インチだと大きいはずのカレラSのフロントローターも随分小さく感じます。
f0091448_22423011.jpg

ポルシェのコンパニオンは、他のメーカーのコンパニオンと違って「絶対笑顔を見せない」ちょっと異質な雰囲気とさせていました。この演出は独特でなかなか良かったと思います。
髪の異質な印象からか何となくレディGAGAを連想してしまいました(笑)。
f0091448_22452925.jpg

オーナーラウンジにも行ってみました。ラウンジに入るにはPCからパスをもらわないと入れません。
ラウンジの二階はこんな感じとなっています。
f0091448_2249617.jpg

ラウンジでは、コーヒーなどの飲み物の他にスープやちょっとした軽食を無料でいただけます(お腹一杯は無理です 笑)。
ラウンジから見た風景はこんな感じなのですが、お客がたくさんなのがおわかりいただけると思います。
f0091448_22512492.jpg

ラウンジに入れる者の特権の写真(笑)。
f0091448_22515991.jpg


今回は写真を非常にたくさん撮ってきたので、基本毎日更新するようにいたします(汗)。
by mokumokutibita | 2011-12-03 22:53 | 911 | Comments(16)
991の走り系のOP
997が出たときの目玉としてPASMとスポーツクロノがありましたが、今回の991の場合は、PDCCとPTVが挙げられます。

それにしてもPDK、PASM、PSM、PCCB、PTV、PDCC、PDLSなどなどPから始まるアルファベットは増える一方で覚えるのがとても大変です。
そんなこともあり、自分なりに今回の991の要点を値段を中心にまとめてみました。

①PDCC(ポルシェダイナミックシャシーコントロール)。これはカレラSのみOP装着でき、素のカレラにはOPでも設定がなし。ロールを制御する可変スタビライザー。結構高い代物で568千円也。

②PTV(ポルシェトルクヴェクタリング)。これが登場したことでLSDがなくなった。つまりLSDの一種ということ。カレラSには標準で素カレラはOPだが、素カレラでこれを付けるにはPASMが必要。よって527千円プラスとなる。(PASM約30万+PTV約23万)

③スポーツクロノがかなり値上げされている(358千円)理由は、ダイナミックエンジンマウントとセットになっているからである。

④ホイールは標準含めすべてのホイールが鍛造となった。

⑤PASMは二種類あり、通常のPASMの他に「PASMスポーツサス」が設定。このスポーツサスにすると20インチホイールを装着せねばならず、素カレラだと結構な出費(682千円以上)となる。

⑥カレラSには標準で、素カレラにはOPとなっているものは、20インチホイール・タイヤ、PASM、PTV。
素カレラにこれだけ装着すると78万ほどとなる。


以上のような結果となりましたが、「走り」系のOPが随分増えたように感じます。
OPの欲しいものをどんどん選んでいくと、997よりかなり高くなってしまうはずです。
走り系のOPは、カレラSだと最初から標準装備されているものも多く、OP出費は少なくなりそうな気もしますが、PDCCを装着したくなると思うので打ち消されてしまいます。カレラSにPDCCとクロノを装着しただけで+926千円にもなってしまいます。

個人的にPDCC、PTV、クロノ、スポーツサスはどの程度売れるのか興味があるところです。
また前から感じていたことなのですが、ポルシェのOPは同価格帯の他輸入車メーカーと比較しても高すぎるように思います。
ユーロ安でも諸事情で車本体の値段を値下げできないのであれば、ぜひともOPだけでも値下げをしてほしいものです。
by mokumokutibita | 2011-11-27 14:31 | 911 | Comments(8)


by mokumokutibita
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
最新のコメント
番組の非公開さん、どうい..
by mokumokutibita at 23:53
番組の非公開さん、こんば..
by mokumokutibita at 23:09
番組の非公開さん、写真を..
by mokumokutibita at 23:47
非公開さん、数か月前に話..
by mokumokutibita at 00:41
フミノスケさん、コメント..
by mokumokutibita at 00:40
こんにちは。 たし..
by fuminoske at 17:02
BRZさん、こんばんは ..
by mokumokutibita at 19:30
失礼しました N-0は..
by BRZ at 10:47
BRZさん、コメントあり..
by mokumokutibita at 23:46
ヨコハマのADVAN S..
by BRZ at 15:20
お気に入りブログ
カテゴリ
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.com
from venusgood.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
2年ぶりのスクール<やっ..
from 五感を覚醒せよ
ドイツ車
from ドイツ車
ボクスター987納車オフ..
from 戦闘的に走れ!
インプレッサ買取相場について
from 中古車見積って意外と簡単
ライフログ
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧