ランランラン

赤ケイマンGTS、青BRZに乗っているmokuです。車関係の話がメインですが、間違っていても大目に見てくださいませ。
絶景のアルプス ステルビオ峠 (3日目)

【リヒテンシュタイン】
3日目、シュツットガルトを出発した我々はひたすら南下し、イタリアを目指した。
画像はボッシュの建造物だが、日本では見られないようなデザインの建造物がたまに出現する。
f0091448_22290575.jpg
初めて給油したが、セルフのスタンドがほとんど。
セルフしかないと思ったのだが、今回3回給油した内の1回は店員が給油してくれるタイプだったのですべてがセルフではないらしい。

そしてガソリンは高い。
画像のスタンドは、軽油でリッター170円、ハイオクで205円といった具合だが、これは安いほうでハイオクでリッター220円くらいのところが多かった。

確かにガソリン代は日本より随分高いが、高速道路代が無料なので、長距離移動すると日本より割安ではある。
日本では長距離移動すると、ガソリン代より高速道路代のほうが高くつくのが普通だ。
このありからは、私がハンドルを握った。
f0091448_22292985.jpg
ドイツは確かにポルシェが多い。
日本は大都会に多くて、地方に行くとあまり見かけなくなるが、こっちは地方でも東京並にいて差がない。
f0091448_22293871.jpg
いつの間にかオーストリアを少し通りすぎ、「リヒテンシュタイン」という国で休憩した。

このあたりからは、ずっと一般道を走ることとなる。
リヒテンシュタインは、人口3万人程度の小さな国だ。
f0091448_22300132.jpg
我々はユーロで支払いできるのか確認し、パーキングに駐車した。
ユーロ以外の通貨でしか支払いできないと後でえらい目に遭う。
我々は全員ユーロしか持ち合わせていない。
f0091448_22311797.jpg
街中ではアートな造形物が目立ち、おしゃれな雰囲気のいいところだった。
f0091448_22315710.jpg
リヒテンシュタインでイタリアンレストランに入る。
ユーロで支払いできるか聞くと、スイスフランだけと言う。
しかしカードは使えるようだったので、カードで食事をすることとした。
こちらのメニューは、日本と違って文字だけである。
英語でも併記されていないと、まったくチンプンカンプンだ。
f0091448_22323886.jpg
私はスパゲティの「ナポリ」を注文したが、こちらではどこも「ナポリタン」とは書いていなく「ナポリ」だ。
ナポリは、日本のナポリタンと比較すると具が少ない。
中にいろいろ入ってなくパスタのみといった具合だ。味付けは日本と同じである。
f0091448_22324187.jpg
ランチを終えると、リヒテンシュタインを後にし、更に南下する。

途中、変わった建物を発見したと思ったら、インターコンチネンタルだった。
リヒテンシュタインは小さな国なのですぐにスイスに入った。
f0091448_22335383.jpg
このあたりは牧場だらけだ。
途中「アルプスの少女ハイジ」の舞台だったエリアも通過した。
f0091448_22341100.jpg

【アルプス】
このあたりからは、Yが運転し私は撮影していた。
周囲は確かにハイジのような風景になってきていた。
f0091448_22340833.jpg
どんどん登っていくと、途中から木が生息できない標高に達したようだ。
気温は低いが、まだ日本の真冬ほどではない。

そしていつの間にかイタリアに入った。
こちらでは、ニュルでもシュツットガルトでもどこでも飛行機雲が目立つ。
天気が良ければ、いつも飛行機雲だらけである。
f0091448_22360479.jpg
このあたりは、まるで火星のような風景である。
f0091448_22363009.jpg
あまりの絶景に我々は全員興奮していた。
f0091448_22372110.jpg


f0091448_03072313.jpg

山がとっても険しく、岩でできている感じだ。
f0091448_22384532.jpg
f0091448_03074240.jpg

暫く走っていると、後ろにはガヤルドが走っていた。
それはイタリアに入ったことのお知らせにも感じた。
f0091448_22393282.jpg

f0091448_03075931.jpg

ある標高になると木がなくなり、山の色合いが変化する。
f0091448_22400399.jpg
土曜だったからか、観光客は結構多い。
またスポーツカー団体ツーリングも何組か見かけた。
f0091448_22411058.jpg

【ステルビオ峠】
とうとう今日の目的地である、「ステルビオ峠」にやってきたようだ。
一気に上まで登ってみる。
走ってみると、いろは坂と同じくUターンの連続である。
f0091448_22420349.jpg
上からのステルビオ峠は絶景だった。
「何じゃこりゃ~」である。
ここは「走り」よりも「眺め」を楽しむ峠だ。
このあたりの標高は2,700m!
f0091448_22423807.jpg
少し拡大してみる。
f0091448_22432934.jpg
走行動画も撮影してみた。
車内で前方を撮影するより、少し横を撮ったほうが景色が楽しめることがわかった。
ただし風切り音がうるさい。



頂上付近では、みやげもの店、ホテルが並んでいた。
ここは、自転車乗りの聖地であるので、自転車に関わるおみやげが多かった。
f0091448_22443821.jpg
確かにここは、四輪よりもバイクと自転車が多いかもしれない。
自転車もどこから登ってきたのか、すごい体力である。
そう言えば、途中こんなシーンも見かけた。
f0091448_20172878.jpg
f0091448_22444279.jpg
クラシックカーも走りにきていた。
ヨーロッパでは、クラシックカーをよく目にする。
日本のクラシックカーは、都市部でしか見かけないが、こちらでは地方でも走っている。
f0091448_22452553.jpg
角度を変えると雪や氷河が見える。
これらは溶けてなくなることがない。
f0091448_22463096.jpg
ここでぐるっと一周してみた。
これでここの雰囲気は理解できるだろうか。




ホテルまで行く途中、牛に進路を阻まれた。
牛飼いが引き連れていて左右どちらかに寄るよう指示するのだが、なかなかどいてくれない。

f0091448_22475316.jpg
やっとステルビオ峠の麓にあるホテルに到着。
今日も400kmくらい走っただろうか。
ホテルからの眺めも絶景である。
f0091448_22490443.jpg
このホテル、日本のペンションに近くて、経営者は日本語ペラペラな女性である。
日本に居住していたらしい。
f0091448_22494187.jpg
夕食は近くにある星4つのホテルのレストランでとることとした。
f0091448_22501682.jpg
ここのディナーは、内容のわりにリーズナブルだった。
f0091448_22502450.jpg
テラスもきれいなホテルで、このあたりのホテルでは唯一ペンション感のない立派なホテルであった。
f0091448_22511189.jpg
ディナーの後は、ホテルに戻り明日に備える。
明日の目的地はミラノだ。



by mokumokutibita | 2018-09-30 20:20 | ツーリング | Comments(0)
<< アルプスからミラノへ (4日目) ポルシェの故郷 シュツットガル... >>


by mokumokutibita
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
最新のコメント
cayman987さん、..
by mokumokutibita at 20:41
あけましておめでとうござ..
by cayman987 at 18:06
cayman987さん、..
by mokumokutibita at 22:54
gts2015さん、こん..
by mokumokutibita at 21:19
ドイツお疲れ様でした。 ..
by gts2015 at 23:55
はっしーさん、長文ありが..
by mokumokutibita at 23:06
今回は、オーストリア、チ..
by はっしー at 01:58
kyuteyさん、こうい..
by mokumokutibita at 23:08
おお!その制度うちの会社..
by kyutey at 22:20
kyuteyさん、実は4..
by mokumokutibita at 20:31
お気に入りブログ
カテゴリ
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.com
from venusgood.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
2年ぶりのスクール<やっ..
from 五感を覚醒せよ
ドイツ車
from ドイツ車
ボクスター987納車オフ..
from 戦闘的に走れ!
インプレッサ買取相場について
from 中古車見積って意外と簡単
ライフログ
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧