ランランラン

赤ケイマンGTS、青BRZに乗っているmokuです。車関係の話がメインですが、間違っていても大目に見てくださいませ。
<   2016年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧
モータースポーツの公平性
今まで、スポーツということで言うと、「モータースポーツほど不公平なものはない」と思っていました。

だって速い車=上手い人ではなくて、速い車=お金持っている人と言えなくもないと感じるからです。
f0091448_21412433.jpg

人間のスキル差を完璧に道具(マシン)の優劣が上回ってしまっています。

ちゃんとしたレースであれば、細かくルールとクラスが決められ、マシンの優劣差は減ってきますが、それでも優劣は存在し、一般的には「お金持っているチーム(会社)が強い」傾向にあります。

しかし最近リオオリンピックを見ていて感じたことがあります。
(今までのオリンピックで一番見ていたと思います。)

それは、ある意味「モータースポーツは公平」なんじゃないだろうかということです。
f0091448_21371799.jpg

それは主に「体格差」と「身体能力」です。
日本人が外国人にこてんぱんに負けてしまう場合、体格差がすごくあって「これじゃあ勝てないよ」
と感じることがあります。
例えば陸上のボルト選手など、どうがんばっても日本人では勝てないと体格差で感じさせてしまいます。
努力もあるかもしれないけれど、「生まれ持った恵まれた体格」ってとても大きいと思うのです。
いくらがんばっても「その体格では無理」というのが少なからず存在します。
f0091448_21392461.jpg

これを車のレースに置き換えると、「あの人は300馬力だけど、俺のは200馬力」に近いと思うのです。
モータースポーツは「体格差」をなくし、誰でも努力すれば純粋に結果が出せる可能性があります。
またそれは年齢にもあてはまります。
40歳の人がいちからサッカーを始め、必死に練習し努力したとしても、高校生の選手に勝つのはかなり難しいと思いますが、モータースポーツならサッカーほど難しいことではありません。

f0091448_2138324.jpg

このように見方を変えると、モータースポーツはある意味とっても公平。
道具差は大きいけれど、人間の体格差や身体能力の差が少なく、筋肉がないガリガリでも、走るのがメチャクチャ遅い太った人でも、小柄な人でも、若くなくても、あまり関係ありません。
そのため男女の区別もなく混走です。

遺伝とかの関係もなく、誰でもスタートラインは同じです。

こんなスポーツはないとオリンピックを見て感じたのでした。
f0091448_21462144.jpg

[PR]
by mokumokutibita | 2016-08-28 21:46 | Comments(0)
二台のフラット4ターボ
関東に戻ったついでにケイマンを定期点検に出してきました。

大阪を出発しようとして、ケイマンのエンジンをかけると・・・
「オイル交換 今すぐ」とメッセージが・・・・

今までは「オイル交換まであと25日」とかの表示だったのですが、0日となると「今すぐ」と表示されるようです(笑)。
それにしても「今すぐ」と言われると、乗ってはいけないみたいな気分になりますし、「今すぐ」と言われても、もう夜だしディーラーやってないです(笑)。
前回の交換から、一年5千キロの走行なのでそんなに交換してない訳でもないと思っているのですけどね・・・

関東に向かう途中の休憩では、エンジンかける都度「今すぐ」とせかされます(笑)。

徹夜で早朝に関東に到着。(関西よりも関東のほうが暑くなかったです)

ちょっと寝てPCへ。
そう言えば私のPCは、最近引っ越しをして新店舗に行くのは初めてでした。
店舗面積は倍以上になり、随分雰囲気が変わりましたね。
「新しい718ボクスター試乗しますか?」と言われたものの、徹夜でフラフラしているので、取りに来る時に試乗することにしました。

代車はスバルレボーグでした。
f0091448_21393751.jpg

何でも一番上のグレードらしく、2リッターターボで718に近いスペックです。
幸か不幸か関東では台風の影響で、しばしば大雨でした。
その中レボーグは安定しまくりで、非常に心強いものがあり、悪天候にはAWDということを再認識しました。
そしてスペックどおり、とってもパワフルです。
CVTなのでトルクが乗るまで一呼吸あるため、山道とかでは今いちかもしれませんが、街中や高速道路では威力を発揮するでしょう。
せかせか走るより、「のんびりとスピーディーに」といった走りが得意に感じました。

そしてこのレボーグにはアイサイトが装着されていました。
アイサイトって自動ブレーキだけと思っていたのですが、常にいろいろ監視していることを知りました。
走行中、やたらピッピッと警告音がします。
すべての警告音に意味があって、例えばタクシーを止めようと車道に出て手を挙げている人がいたら、「人がいるので注意」。
車線をはみ出したら注意、前車が発進したことに気づいていなかったらメーター内で表示。
などなど、あらゆる時に注意を促します。

確かに安全かもしれませんが、人によっては「そんなのわかっているよ」とうっとおしく感じるかもしれません。

しかし私にとっては初めての経験で新鮮な気分でした。

f0091448_21395299.jpg

翌日レボーグを返却し、ケイマンを受け取りました。
ケイマンは定期点検の他、「今すぐ」と要求されたエンジンオイル交換とエアコンフィルターを交換しました。
718ボクスターを試乗しようと思ったものの、大雨だったので翌日試乗することに。
f0091448_2140894.jpg


そして翌日もPCへ。(三日間連続でPC行ってます 笑)。
やっと念願の718ボクスターSを試乗。
天気も良く久しぶりにオープンドライブ。
スタートして3千回転くらいまで回してみると、確かにマフラーを交換したちょっと前のインプレッサWRXのようなドコドコ音がしてきます。
f0091448_21402094.jpg

初めて4気筒ターボになったボクスターに乗りましたが、結論から先に言ってしまうと・・・・

NAのボクスター対ターボボクスターは、「MT対PDK」と似ていて、ターボのほうは「結果がすべて」という感じがしました。

確かに速かったです。シートバックにかかるGが私のGTSとは随分違いました。
加速感も随分違っていて、エンジン回さなくても、しれ~っと速い。
4千回転をリミットに私のGTSと競争させたら、えらい差がつきそうです。
逆に「回す楽しみ」はNAほうがあるようにも思いました。
f0091448_21403065.jpg

4気筒の音質は好みが分かれるところもあるかもしれませんが、自分が初めてボクスターを購入しようとしている立場で、乗り比べたら間違いなく718のターボ版を選択すると思います。

しかし6気筒の味を知ってしまうと、なかなかその味を捨てられないのも事実に思います。

最後に各車の加速感ですが、(グッはスロットル踏んだ擬音)
レポーグは「グッ、ッッォォォオオオオオオーン」
718は「グッ、ドコドコアアアアン」
918GTSは「グッ、シュォォォオオオアアアアン」
てな感じですが、何のこっちゃですね(汗)。
[PR]
by mokumokutibita | 2016-08-23 21:40 | その他の車 | Comments(0)
やっぱり暑かった真夏の9時間耐久レース② 
先日参加した耐久レース、初めて参加したからこそ感じた点をまとめてみました。

【走行データ】
周回数 249周
9時間走行距離 698km
使用ガソリン量 210リットル
セントラルサーキットの一周の平均時速は100km弱なのですが、実際はピットストップやセーフティカーも入ったりするので高速道路を一般的に700km進むのと、かかる時間は似たようなものかもしれません。
セーフティカーが介入すると、その周の平均時速は30kmくらいまで落ちます。
ピットストップはガソリンも入れるから3分くらい止まっています。
また赤旗中断もあったので、30分は走行中断していました。

700km走るのに9時間かかるというのは、一般的な長距離ドライブと似ていますが、違うのは燃費。
リッター3kmくらいでしたので、カラっぽ近くまで走っても4~5回は給油が必要です。
f0091448_21343939.jpg

【費用】
参加費用 約16万
タイヤ代 約7万
オイルやブレーキパッド等 約9万
ガソリン代 約4万
トータル 約37万
これを参加人数6人で割ることになります。
f0091448_2135361.jpg

【メンバー】
まず、メンバーを集めるのってかなり大変と感じました。

レースなのでサーキットを走ったことないという人を誘うのはちょっと厳しいでしょう。
最低限のスキルは必要かと思います。

それと費用。メンバーの数が少ないチームは参加費用が高くなるので、誘いにくいと思います。
また人数が少ないと体力的にも厳しいものがあります。
もし車を全損クラッシュしてしまったら、メンバーでそれも割ることになります。この点は普段のサーキット走行でも同じですが、「自分の運転時でなくとも」という点が異なります。

また季節的に厳しい時期なので、「何でくそ暑い時期にくそ暑いことしなきゃならないの?」とこの点でも理解を得るのが難しそうです。
私の場合、実はここがネックでした(汗)。

我々のメンバーのドライビングスキルは、レース経験豊富者が半分以上いたし、その他の人もサーキット経験豊富な方達だったので、まあまあ以上のレベルだったと思います。
それに加え、メカニック的な知識も豊富な方が数人いて、かなりのところまで自分達で整備してしまいます。

f0091448_21352063.jpg


【マシンの耐久性】
9時間ペースを緩めず走り切るというのは、マシンにはかなり過酷のようで、途中で調子の悪くなってしまったマシンはたくさんです。
リタイヤしてしまう場合もあれば、最後のゴール近くになると調子悪いままゆっくりとピットからコースインするマシンも数台ありました。今回のレースは規定周回数がないので最初と最後の周だけ走っても完走扱いにはなります。

どこが調子悪くなるかは千差万別。ブレーキだったり、エンジンだったり、すべてが異常に高温になるのが原因でしょう。私もガソリンタンク内が高温になり、その圧力には驚きました。

リタイヤしているマシンを見ていると、「重い車」と「速い車」が耐久ということについては不利に感じました。
重い車はそもそもサーキットでは不利なので、そこは理解できるとして、「速い車」はなぜ不利なのかと言うと、スピード出るからブレーキには厳しいしタイヤにも厳しい。エンジンが高回転まで回るからメカ的にも負担が大きいし、ターボとか付いているとそこが熱くなったり、壊れたりしがちです。
「軽い、控えめなパワー、簡素」これが耐久に向いているのは間違いなく、その点我々の318isというのは比較的耐久向きと言えるのだと思います。

f0091448_22101436.jpg

【人間の耐久性】
仮に真夏でなかったとしても、かなり疲れます。
普段のサーキット走行30分とレース30分では疲労度が倍くらい違いました。
「いつでも休みたければ休める」という状況と「休むことは許されない」状況とではかなり違うし、また全車とバトルとしているし、走行台数多いしで、集中力はかなり必要でした。
バトルするということは、普段とライン取りが異なり、その場その場で臨機応変に対応することが必要でした。いいタイムを出す人がレースで活躍できるかは別で、バトルは駆け引きの点で経験がものを言うように思いました。

暑さ対策はいろいろしたものの、もう少し工夫が必要でした。飲み物はやっぱり高いところに吊るして固定したほうが吸いやすいですね。
f0091448_22223927.jpg

【耐久レースまとめ】
団体戦であることから、一番似ているなと思ったのは「箱根駅伝」。
走行時間が長くなればなるほどいろんなドラマが生まれてきます。
そういう意味では長い時間の耐久のほうがきっと思い出深いはずです。
マシンを「労わりながら攻める」という矛盾をいかり上手くまとめるのか、このあたりが醍醐味なのでしょう。

真夏にやる意味は・・・
「祭」という雰囲気が大きくなるのがいいのでしょうね。
家族連れで来てピット裏にプール置いたり、BBQしたりと、どこも「祭り」を楽しんでいるようでした。
[PR]
by mokumokutibita | 2016-08-13 22:35 | サーキット | Comments(0)
やっぱり暑かった真夏の9時間耐久レース ①
人生で初めて「耐久レース」なるものに参加してきました。
耐久といっても何と9時間!!

起床は4時。
珍しく睡眠はうまくとれました。
サーキットには6時到着。
ピット裏にテントを張って用意開始。
f0091448_23255293.jpg

他のチームの様子を窺っていると、積載車でマシンを運んできて、ドライバーは高級輸入車で来るというパターンが多い様子。
我々はもちろん自走です。
結局のところ、どこかのショップの車とかで参加するチームが多いのでしょう。
確かにそれだと壊れたとしても安心感があります。
f0091448_23261378.jpg

参加車両は輸入車に限られていて、9時間の他、5時間、3時間、1時間の耐久も同時併催されますが、9時間耐久参加がほとんどでした。
9時間以外の参加車両は、時間になると申込み順にピットから5秒間隔でのスタートとなるようです。
ドライバーはプロのレーシングドライバーもちらほら(汗)。
f0091448_23262583.jpg

我々のマシンは、BMW318is。
内装すべて取り払い軽量化。エンジンはノーマルの確か145馬力。
LSDに強化クラッチ、ミッションクーラー、スポーツマフラーを取り付け、ブレーキはパッドのみそれなりのものを。
タイヤは新品の235/40/17のディレッツァZⅡ☆にBBSホイール。

予選は7時15分からでオーナーのKさんが走行。
14番手。
ちなみにいろんな時間の耐久のクラスを合わせると、参加車両は確か41台。
性能差のクラスはかなり細かく分かれていて、我々と同じクラスは3台。完走すれば三位以内には入れます(笑)。
f0091448_23263444.jpg

決勝は8時スタート。結構タイトスケジュールです。

トップはバトルに慣れているKさんが出走。
スタート直後は接戦バトルになるので、エース級を投入するチームが多いです。
f0091448_2327537.jpg

私の順番は三番目でした。
タイムトライアルではないこういったレースは初めてなので緊張します。

いよいよ私の走行開始。
メチャクチャ暑いので、叩くとすぐに冷える保冷剤をスーツの中に入れ、チューチュー吸えるドリンクも用意しました。
スターとするとすぐにクラッシュがあり、セーフティカーが入ってきます。
10分くらいちんたら走っていると、セーフティカーがどいてレース再開。
再開するのはいいけれど、だんご状態になっているしで、抜かれまくりました(涙)。
すごくタイミング悪かったです。

その後、だんだんとペースアップしていると、またもやクラッシュでセーフティカーが入ってきます。
そしてまたもや先頭のほうにいたので、セーフティカーが解除となるとまたもや抜かれまくりました。

但し抜かれる時もペースダウンせずに、ラインを閉めることなく上品に安全に抜かれたと思っています(汗)。
正直私の走行時は、だんご状態からのスタートが多く、もっとバトルに慣れた人のほうが良かったかもしれません。
セーフティーカーというお休み時間が多かったので、それほど暑さにしんどくはありませんでした。
50分弱の走行は無事終了。
f0091448_23273066.jpg

お昼はテントでやきそばを作りました。
BBQしているチームもあれば、かき氷作っているチームもあって、このあたりはまさに「お祭り」。
どこも楽しそうな雰囲気です。
そう言えば足のきれいなレースクイーンものいるチームもあって、羨ましく思いました(笑)。
f0091448_23274964.jpg

午後には二回目の走行が回ってきます。

二回目の走行はセーフティカーの導入もなく、イエローフラッグもなく順調に進みました。
この走行はバトルシーンも多く、かなり楽しめました。
抜いたり、また抜き返されたりしてこういった経験も初めてです。

タイムでなくこういったバトルには慣れていないところもあるのですが、オーバルレースでの経験がかなり役に立ちました。
しかし後半は、このマシンの持病でもあるガス欠症状が出始めました。

ガス欠症状とは、まだガソリンはかなり残っているのに、横Gでうまくタンクからエンジンにガソリンが回らず、強いGをかけるとアクセル踏んでもエンジンがモゴモゴ言うだけで加速しないことを言います。
この症状が出ると、早くピットインしたいのですが、ピットからはまだピットインのサインなし。
我慢の走行を継続しました。
ピットインのサインを確認し、私の走行はすべて終了。
午後の走行は、暑くてちょっと気持ち悪くなりました。
f0091448_23282955.jpg

9時間の中には、赤旗中断の最中にアイドリング不調を修理したり、バトルでドアぶつけられたり、タンクが熱くなりすぎてガソリンが給油中噴き出してきたりとかいろいろなドラマがありました。
f0091448_2328451.jpg

それはどのチームも同じで、何もドラマが起こらなかったチームはないはずです。

それをチームで苦労して克服したりするところが団体戦の耐久レースのいいところなのでしょう。
f0091448_23291127.jpg

ゴールは17時。
我々は無事完走しました。
f0091448_23292713.jpg

ちなみに3割くらいの車両はリタイヤしていたようで、やっぱり9時間というのはかなり過酷です。
f0091448_23295142.jpg

でも我々は9時間ほとんど全開でした。
よく壊れもせずに走れるもんだと感心しました。
ブレーキもしっかりと最後までちゃんと効きました。
f0091448_233010100.jpg



f0091448_23302518.jpg


f0091448_2330528.jpg

f0091448_23313610.jpg

レースフィニッシュは、帰還する車両すべてに対し拍手をもって迎えいれます。
f0091448_233151100.jpg

レース終了後のタイヤホイール。
さすがにタイヤカスがすごいです。
f0091448_23322952.jpg

ぶつけられてへこんでしまったドア。
しかし完走したチームはどこも多少はへこんでいたかもしれません。
f0091448_23324147.jpg

f0091448_23331063.jpg

BMW318isには、「壊れもせずにありがとう、お疲れ様」と感謝したい気持ちです。
f0091448_23332521.jpg

朝は空っぽだったゴミ箱はどこもあふれかえってました。
f0091448_23335762.jpg

結局一日中晴天でした。乗っている時も暑いけれど、それ以外もすべて屋外にいるのでそっちのほうが暑かったかもしれません。
f0091448_23341013.jpg

結果はクラス優勝。総合14位でした。
私がもっとがんばれば総合順位は12位くらいになったかもしれませんね(汗)。
f0091448_23342188.jpg

[PR]
by mokumokutibita | 2016-08-08 00:02 | Comments(4)
ポルシェのメンテナンス表示
先日四国カルストに行った時からなのですが、エンジンかける時、都度「オイル交換まで10000キロ、点検まであと30日」とか表示されます。
f0091448_22413866.jpg

987の時はこんな表示なかったのですが、981は右のメーターでいろいろ表示できるようになったため、こんな親切な?メッセージがいちいち表示されます。

オイル交換まであと1万キロって随分先だなと思うものの、点検まで一カ月を切るとついでにオイル交換までの距離も表示されるようです。

確かに最後に点検に出したのは、去年の8月で一年経過しようとしています。

しかしこの表示、何だかあと乗れるのが一か月しかない、という感じがしてしまうんですよね。
一か月たったら乗ってはいけないみたいな・・・
それに点検を強制されている気もします。
大体エンジンかける都度知らせる必要もありません。すぐ消えてしまうんですけどね・・・

一か月経過すると、どのように表示されるでしょうかね?
乗る度に「早く点検に行け」と表示されるのでしょうかね。それもちょっとうざったいです。

それと「サービス間隔」というのを選択すると、メンテナンスまで51100kmとか2019年3月とか表示されます。
この間隔は6万キロの4年から減少していくもののようですが、随分長いスパンです。
結局点検とメンテナンスの二種類の表示の違いがよくわかりませんでした。
f0091448_22422056.jpg


点検の表示の有無にかかわらず、今月は帰省にケイマンを使い、ちゃんとPCに出してくる予定でいます。
[PR]
by mokumokutibita | 2016-08-01 23:38 | ケイマン | Comments(2)


by mokumokutibita
プロフィールを見る
画像一覧
最新のコメント
ryoさん、718は2リ..
by moku at 22:07
記事内容からズレてしまう..
by ryo at 23:55
cayman987さん、..
by mokumokutibita at 20:40
ryoさん、だんだんと高..
by mokumokutibita at 20:28
こんにちは。 今日は、..
by cayman987 at 17:36
自分もレクサスのサイト、..
by ryo at 14:44
ryoさん、こんばんは。..
by mokumokutibita at 23:44
ドライビングプレジャーは..
by ryo at 00:58
ryoさん、今回レースは..
by mokumokutibita at 22:30
暑くてホットならぬホッと..
by ryo at 20:13
お気に入りブログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.com
from venusgood.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
2年ぶりのスクール<やっ..
from 五感を覚醒せよ
ドイツ車
from ドイツ車
ボクスター987納車オフ..
from 戦闘的に走れ!
インプレッサ買取相場について
from 中古車見積って意外と簡単
ライフログ
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧