ランランラン

赤ケイマンGTS、青BRZに乗っているmokuです。車関係の話がメインですが、間違っていても大目に見てくださいませ。
<   2016年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧
718ボクスターとシビックタイプR
ボクスターがマイチェンしましたね。

今度のは718という数字がついて「718ボクスター」です。
前期型が981で、後期型が718という呼び方に暫くなるのだと思いますが、次のフルチェンしたモデルでも718という数字は残ると思うので、718という呼び方だとどのモデルかわからなくなり、そうなるとマイチェン後の今度のボクスターは981という呼び方に戻るのでしょうかね?
う~む・・・ややこしい。
f0091448_2132431.jpg

今度のボクスターは予想通り、4気筒ターボ。
素モデルは2リッター、Sは2.5リッター。
GTSの設定はありません。
素モデルの2リッターターボで658万円らしいです。


ここでちょっと頭に浮かんだのがシビックのタイプR。
成り立ちはかなり異なるものの、スペックは素ボクスターと結構似ているものがあります。
排気量は同じで、どちらもターボ。
馬力は10馬力、トルクは28N・mの差。
シビックのほうがちょっとハイパワー。
車重はどちらも同じようなものだと思います(1370kgあたりのはず)。つまりパワートゥウェイトレシオも似たようなものでしょう。

100キロまでの加速は、ボクスターがPDKとリア駆動というトラクションを活かしてちょっと差をつけているものの、MT同士だと僅差かもしれません。
ちなみにボクスター4.9秒、シビック5.7秒らしいのですが、ボクスター前期モデルが5.7秒だったことからするとやたら速くなっています。

最高速も同じようなものと思いますが、少しボクスターが速いかもしれません。
タイヤは、4本合計ではボクスターのほうが少し太いはずです。
f0091448_21325524.jpg

ニュルのタイムは、FF最速タイムを謳い文句にしているシビックが優れていると思いますが、意外と似たようなものかもしれません。

この二台、ぜひとも乗り比べてみたいものがあります。
今一番乗ってみたいのが、この二台です。
[PR]
by mokumokutibita | 2016-01-28 21:34 | 981 | Comments(4)
激寒の鈴鹿南でデータ取り
先日購入した「デジスパイス」なるものを試すため、鈴鹿南にBRZで行ってきました。

途中、新名神は雪景色で心配したものの、鈴鹿に到着してみれば晴天でした。
しかし気温は、過去サーキット行った中で多分最低でしょう(笑)。

今回はデータを取ることが目的なので、タイヤは普段履きの16インチ、ヨコハマデシベルを使用。

f0091448_20553080.jpg

このタイヤで鈴鹿南でタイム計測するのは初めてです。
結果的にはディレッツァZⅡ☆より4秒遅れ、1インチ大きく1cm太い215/45/17の格安ケンダよりも1秒遅れといったところでした。
横方向よりもフルブレーキとか前後方向の負担のほうがスポーツタイヤとの差を感じました。
ブレーキはほんのちょっと早く踏む必要があり、あまり強く踏むとABS作動となります。

しかし、細いエコタイヤでの走行は、コントロールしている感が強くて意外と楽しいです。


デジスパイスは屋根に張り付けたのですが、パソコンなど持ち込むはずもなく(あんな寒い中でパソコンとかやりたくないです)、自宅に帰ってから悪戦苦闘してました。

その結果、こんな感じのデータが出てくる訳ですが、これの分析が慣れないこともあって難しい。

まず、このコースって最高速112kmとかしか出てなかったんですね。
120kmは出ていると思ったんでけど・・・タイヤが違うとそれくらい出るのかな?
f0091448_2125915.jpg

少しライン取りを変えて走って、どちらが早いかといったシュミレーションもできるのですが、途中まで差があっても結果的には同じだったりして、よくわかりませんでした。

よくセクターごとのベストを足して、たらればでベストを想定する方がいますが、コーナーが連続する場所でセクターが区切られていたりすると、「このコーナーがんばると、次のコーナーがダメになる」となりがちなので、単純に足してもそのタイムは出ない気もします。
よってセクターの設定って結構難しいと感じました。
f0091448_2145581.jpg


それでも「今度はこれを試してみよう」とか結構考えさせられるので、これから効果があるものと信じてます(汗)。
[PR]
by mokumokutibita | 2016-01-26 21:03 | サーキット | Comments(4)
使いこなせるか? 新サーキットアイテム
鈴鹿サーキットのタイムがなかなか良くならないため、私が欲しくなるパーツがたくさん装着されているBRZで鈴鹿を走っている激速サーキットマイスターの友人にちょっと質問をしてみました。


「私にとって鈴鹿で一番効果あるものは何だろう?」
という質問をしてみました。

さて、何という答えが返ってくるでしょうかね?

マフラー?
LSD?
太いタイヤはホイールも必要なので出費が・・・
GTウィング?

と妄想していたら、予想外のものの購入を勧められました。

それは・・・・
これでした。
f0091448_0261350.jpg


「デジスパイス」というものなのですが、サーキットに縁のない方には、まったく意味のない意味不明のモノ。
しかし、サーキット行く人にとっては、結構持っている人が多いのも事実。

これはデータロガーです。
これを車に装着すると、GPSで位置と速度を割り出し、日本全国のコース図と照合し、ライン取り、速度、区間タイムなどが把握できるアイテムです。

さすがに走り込んでいる方の意見は違いますね(汗)。

これの効果は、以前より認めてはおりました。
トヨタレーシングドライバーズミーティングⅡやレクサスのレッスンでも、こういったデバイスによる分析はありましたし、こういったデータには言い訳できないものがあります(汗)。


但し、今まで購入を避けていた理由に、「パソコンが得意でない私に果たして使いこなせるか?」
ということがありました。
それに加えて小さいのに結構なお値段。

まだ使っていないので、何とも言えませんが、とりあえずパソコンにインストールしこれのアプリを作るまではしました。


今回購入してみてわかったのですが、何かサーキットアイテムを購入すると、それを試したくなります。
新しいタイヤ、エアロパーツ、クラッチ、デフ、何でもいいと思うんです。
何か車に変化があると、俄然モチベーションがアップするんですね。

今までは、気軽に楽しみたいということもあり、どぢらかと言えばチューニング否定派だったんですが、自分を奮い立たせるためには必要不可欠なのかな~と思いつつあります。
[PR]
by mokumokutibita | 2016-01-17 00:42 | ラップタイム | Comments(4)
手厳しいチャレンジグランプリ初参加
f0091448_1925253.jpg

鈴鹿サーキットで毎年行われる「チャレンジグランプリ」に参加してきました。
鈴鹿ライセンスホルダーを対象にしたタイムアタック大会で、参加者はかなり多く、当然鈴鹿の猛者ばかりです。
マシンのほうもかなりすごいのが多く、私みたいに脚とタイヤ固めて一丁上がりという車は、あまりいなかったように見えました。
特にGTウィング装着率はとても高かったように感じました。
f0091448_193874.jpg

午前と午後それぞれ一回アタックします。
午前は、いた場所が良くなく、クリアラップがほとんどとれませんでした。

午後は、まあまあクリアを取れたものの、タイムはさっぱりでした。
結構がんばって走ってはいるものの、まったくダメダメです。
「おっ今の周、良かったんじゃないかな?」とタイムを確認すると・・・
「えええ?全然だめじゃん!!」といった感じでした。

私のは速度リミッターがあるから、直線で遅いのは仕方なく、他人のタイムとあまり比較しておらず、いつも自己ベストと比較するようにしています。

それにしても、さっぱり上達していないと痛感しました。

マニアックに分析すると・・・
1と2コーナー  〇
S字と逆バンク  ✖
デグナー1と2 ✖
ヘアピン    ✖
まっちゃんコーナー △
スプーン    〇
130R     ◎
シケイン    〇

〇は上達が感じられるところ、◎はかなり良くなったところ、△は変化なし、✖は怖いもの知らずで行き始めの頃のほうが速かったでは?と思うところです。

また〇はうまく(速く)なったというより、安定してきたという感じです。

✖の区間は、思い返してみると、過去失敗してるんですよね。
早い話、アタックして失敗して、「もうあれ以上は無理なんだな、手堅く行こう」となった具合です。
本当はもっと全然行けるはずなんですけどね・・・

今回自己申告のタイムによって5グループに分けて走行したのですが、自己申告は自己ベストより1秒遅く申告しました。
そして今回のタイムは申告タイムよりも更に1秒遅いという結果でした(悲)。

今回はがんばっても自己ベスト3秒遅れとかいう周が多かったです。
富士あたりだと、3秒遅く走ればかなり余裕があるはずなんですけど、鈴鹿はホント難しいサーキットです。
f0091448_1932259.jpg

難しい理由の一つにエスケープゾーンが狭いということがあります。
またあっても砂場だったりします。
ここが富士と大きく違う点で、富士では失敗するとスピンかコースアウト。
鈴鹿で失敗すると、壁に激突、もしくは砂にはまってバンパー破損。

今回は残念なことに、知人二人がクラッシュ。
今まで多くクラッシュは見てきたものの、知人でクラッシュが出たのは初めてです。
二人とも私よりも早い方で、サーキットに慣れてないということはないと思うのですが、どちらも100万以上の修理となるはずです。
体は無傷だったことが幸いでした。

今までは、他人事として見ていましたが、今回のクラッシュはいつか自分も?という恐怖感もあり、かなり複雑な心境でした。

実は私もシケインでスピンしてしまいました。
スピンして、コース上に留まっていると、クラッシュするかどうかは後続車次第なので、自分ではどうすることもできません。
一生懸命黄旗を振っていたマーシャルには感謝したい思いです。


今回クラッシュした二人もまた、復帰してくると思います。

我々はサーキット走行を趣味として行っている訳で、サーキットで速くなっても何の得もありません。
失敗すれば、他のスポーツと異なり、金銭的に大きな打撃となり、数か月、いい車であれば1年間かそれ以上ただ働きさせられるうなものになるかもしれません。
もっと失敗すれば、大きな怪我をするかもしれません。

また失敗しなくとも、車に大きな負担をかけることになるので、車が壊れることも珍しくなく、その修理代もクラッシュと同じくらいになるかもしれません。

こんなに金銭的に危険のあるスポーツは他にないように思います。

にもかかわらず、止められないというのは、きっと人間の根源に関係する魔力があるのでしょうね。

そう言えば、富士で関谷さんがこんなことを言ってました。
「人間は加速している間は気持ちよく感じるもの。だから皆アクセル踏みたがる。ブレーキしていることに気持ち良さを感じる人間はいない。それは一般道でも同じ。」

こういったこととサーキットの楽しさって関係しているのかもと感じたのでした。
[PR]
by mokumokutibita | 2016-01-11 00:34 | サーキット | Comments(4)
初フォーミュラ
鈴鹿サーキットでのイベント「チャレンジグランプリ」に参加してきましたが、特典として「フォーミュラ エンジョイ2」というフォーミュラカーを運転することができました。

f0091448_18101349.jpg

1300ccのFITのエンジンを積んでおり、5速マニュアルです。シフトはシートの右側にあるので、左ハンドルのマニュアル車を運転する感覚です。車重は確か400kg台。

サーキット内にある広場にパイロン立てて、簡単なコースを作り、そこで遊ばせてくれるといった試乗ですが、「攻めた走りOK」とのことで嬉しくなってしまいました(笑)。

最初に簡単な動かし方のレクチャーを受け、マシンに乗り込みます。
座った感じは、包まれ感はあるもののカートと似ていますね。
シートもカートと同じカチンカチンのシート。
足は下ではなくて単に前に突き出す感じで目線の低さもカートと同じように感じます。
高身長の私でも全然問題ありません。

エンジンをかける前に三つのペダルを踏んでみたり、シフトレバーをガチャガチャ動かしたりしてみました。

ペダルはペダル間がすごく近くて、アクセルは踏んだ感じ普通。
ブレーキはカチンカチンで、ストロークでなく踏力でコントロールするタイプ。
クラッチが一番曲者で、ストロークがすごく短いです。
シフトは抵抗感なくスコスコ入るものの、何速に入っているのか、慣れるまでわかりにくいかもしれません。
f0091448_18232863.jpg

4点式のシートベルトして、小さいステアリング装着してスタートしてみます。
エンジンはFITと同じとは思えないほど、適度に勇ましいです。

クラッチを繋ごうとして少しだけリリースすると・・・
ピョコンと前に出ます。
スムーズに発進するのは、コツが要りますね。

動き出すと早速2速にチェンジ。
今回は発進以外2速で走ってほしいとのことでした。

蛇行してハンドリングチェックして、ブレーキとか踏んでみると、やっぱりカートに近い感じがしました。
カートを大きな車体にして、サスペンション付けて、3ペダルにして、前にもブレーキ付けた感じでしょうか。
発進以外はとても乗りやすく、クイックに進路が変わり、踏めば軽量とあってパワーも充分に思いました。
アクセルでの姿勢変化コントロールもやりやすいように感じます。
アクセル全開にしたり、リアタイヤ少し滑らせたり、フルブレーキとかやってみましたが、「楽しいの何の」でした。
f0091448_18362091.jpg


このお値段280万くらいのようで、「注文書持ってきましょうか?」などと言われてしまいました(笑)。

よくわからないのですが、こういうのって消費税以外の税金てかからないのでしょうかね?
車両代だけ支払えばOK?

車検はないのでしょうが、取扱ガレージというのは決まっていて、メンテや保管はそれなりに費用がかかるのでしょうね。
それとこれを買うというのは、基本これのレースに出ることを前提にしているようです。

鈴鹿サーキットは、結構フォーミュラー走行枠が多く、これに乗って楽しむというモータースポーツライフも妄想してしまいました。
[PR]
by mokumokutibita | 2016-01-10 18:35 | サーキット | Comments(2)


by mokumokutibita
プロフィールを見る
画像一覧
最新のコメント
ryoさん、718は2リ..
by moku at 22:07
記事内容からズレてしまう..
by ryo at 23:55
cayman987さん、..
by mokumokutibita at 20:40
ryoさん、だんだんと高..
by mokumokutibita at 20:28
こんにちは。 今日は、..
by cayman987 at 17:36
自分もレクサスのサイト、..
by ryo at 14:44
ryoさん、こんばんは。..
by mokumokutibita at 23:44
ドライビングプレジャーは..
by ryo at 00:58
ryoさん、今回レースは..
by mokumokutibita at 22:30
暑くてホットならぬホッと..
by ryo at 20:13
お気に入りブログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.com
from venusgood.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
2年ぶりのスクール<やっ..
from 五感を覚醒せよ
ドイツ車
from ドイツ車
ボクスター987納車オフ..
from 戦闘的に走れ!
インプレッサ買取相場について
from 中古車見積って意外と簡単
ライフログ
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧