ランランラン

赤ケイマンGTS、青BRZに乗っているmokuです。車関係の話がメインですが、間違っていても大目に見てくださいませ。
<   2013年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧
さらば関東! しかし二台はつらいよ
いきなり転勤になりました。

いつも仕事で、「倍返し」を心がけていたら、失敗し「千倍返し」をされちゃったみたいです(汗)。
元々転勤のある会社に入って、なぜかずっと関東にいたのですから、一応は覚悟はしてました。

人生、これまで住んだことのある県は、東京・埼玉・神奈川なのですが、今度は関西です。
関西、実は修学旅行で京都・奈良行った以来です。その後まったくご無沙汰です(汗)。

当然引っ越しもしなくてはなりません。

関西の不動産屋にいろいろ電話して、メールでやりとりしましたが、車二台ってすっごいハードル高いですね。

以下その話となります。

私「もしもし、今度転勤で関西に行くことになり、車の置ける賃貸物件を探してます。」
不動産屋「ご希望は?」
私「場所の希望は特にないです。しかし、車は二台あって、青空駐車は嫌です。セキュリティのしっかりしているところがいいです。まずは車の保管場所確保、人間の保管場所は、うるさいこと言わないので、屋根なくてもOKです(笑)。」
不動産屋「う~ん、それはちょっと・・・・」

というような具合で、車庫の条件を言った途端に不動産屋さんは、トーンダウンしてしまいます(笑)。
いくらでも予算はOKというなら話は早いのかもですが・・・
f0091448_21305790.jpg

まず、屋根付駐車場は結構ありました。
しかしシャッター等があって二台空いているところとなるとほぼ全滅です。

立体駐車場も何件かありました。
しかし、どこも台の真ん中が強度を上げるため高くなっていて、スポーツカーだとお腹を擦ってしまう可能性があります。この手の立駐は、最低地上高11cn以上必要です。
ちなみにボクスターは12cm。BRZは13cmなものの、私のは2cm落としてるので11cmです。
契約して入らなかったじゃアウトなので、この手の車庫は、下に板を置かせてもらうことを前提に話を進める必要がありました。

また立駐で、呼ぶ都度グルグル回るタイプは、ボクスターのクラクションが鳴りっぱなしとなる可能性あり却下しました。

「ガレージハウス」でも検索してみました。
しかし一戸建ての一階に一台置けるガレージがあるだけで、二台置けるとこはほぼ皆無でした。
f0091448_21323754.jpg

う~む・・・二台持っていくのは無理かもしれない。一台手放すしかないか?

と現在奮闘中です。
いっそ車の中で生活するか?
[PR]
by mokumokutibita | 2013-09-30 21:00 | Comments(8)
駆動方式別スペシャルレッスン
富士SW主催の「駆動方式別スペシャルレッスン」に参加してきました。
ライセンスホルダー限定のレッスンなので、内容からすると非常にリーズナブルでした。

普段、私が普通に行って、1時間走ると13000円なのですが、今回のレッスンは、1時間走って14000円と1000円しか違いがありません。
その1000円で、昼食付き、ピット使用OK、講師付きという内容なので、普段のスポ走よりも安いですね(笑)。

BRZでは初めてピットに入りました。
我々のFRクラスだと、複数台いたのが、S2000、RX8、86・BRZ、M5、ロードスターあたりで、単独ではZ、135i、スープラ、RX7、318is、シルビアあたりが参加していました。
f0091448_10435877.jpg


FFクラスの慣熟走行。台数はどのクラスも32台くらいだと思います。
これでフリー走行すると、結構混雑した感じになってしまいますが、祭日のスポ走も同じ感じなので不満ありません。
f0091448_2346487.jpg

我々FRの講師は、土屋圭一さんでした。
レッスン内容は、座学が3回、練習走行は2回というものでした。
練習走行時は、土屋さんがどこかで見ていて参加者の走りをチェックしています。
f0091448_2347916.jpg

MR・RRクラスの参加車。ポルシェ中心にフェラーリやマクラーレンMP4-12Cなんてのもありました。
f0091448_23472699.jpg

この日はこのレッスンでコース貸し切りなのですが、なぜか観客席には結構人がいてちょっと緊張しながら走りました(笑)。
f0091448_23475497.jpg
f0091448_2348242.jpg

私の走行はと言えば・・・

午前の最初の走行で、いきなりスタートダッシュ!
計測1週目で、あっさり自己ベストを1秒以上も更新。
次の周、シフトミスをしたにもかかわらず、更に更新。
しかし、その後クリアラップなくタイムの更新はなし。

午後の二回目の走行。
午前の走行と違って、最初まったくクリアラップとれず。
終盤近くになって、午前の走行より更に1秒短縮。

結果、自己ベストは、何と2.5秒も短縮できました。
今までが遅すぎっていうのもありますが、10年も通っていて、2秒以上もUPするのってなかなかありません。
なぜUPしたのか、考えてみると・・・
やっぱり軽量ホイールが効いていて、加速・減速にも効果がある。
タイヤに慣れてきた。
この二つが大きかったように思います。

この1ヶ月で富士は、4回行きましたが、これで暫くお休みです(汗)。
[PR]
by mokumokutibita | 2013-09-23 23:47 | サーキット
まだまだ終わってなかったLEXUS Amazing Experience!
二週間前に参加した「LEXUS Amazing Experience」の事務局から、宅急便で封筒が届きました。
f0091448_11495872.jpg

中を開けてみると、小さい封筒が入っていて、その封筒の中にお手紙とUSBが入っていました。
USBのデータを開くのって、初めてでちょっと苦戦しましたが(汗)、ファイルの中には、50枚の画像と5つの動画データが入っていました。
f0091448_1150550.jpg

今回は、そのいただいた画像と動画をいくつか掲載します。
f0091448_1150343.jpg

画像、動画も基本私が主人公になっており、各参加者専用に作成されています。
ブログには車中心の画像を載せましたが、私の人物像の画像もたくさんありました(笑)。
f0091448_11504816.jpg

一体、いつ撮ってたの~?
てな感じです(笑)。
f0091448_1151131.jpg

いやいや、これはすごい「おもてなし」ですね。
滝川さん以上か?(笑)
f0091448_11513247.jpg

使用されていたカメラもEOS1、5、6とすごいのばかりでした。
f0091448_11515188.jpg

一人で参加された人からすると、毎回誰かに撮影を頼む訳にもいかないので、こういったことはすごく喜ばしいことと思います。
そう言えば私の場合、過去参加した高額なレッスンには、いつも撮影係を雇ってました(汗)。
f0091448_1152923.jpg

ISF CCS-Rで、五点式シートベルトを初めて締めてみましたが、すごい効果なんですね。
これだけ体ががっちりと固定されるなら、マイカーにも装着したくなりました。
f0091448_11522675.jpg

今回、このレッスンに参加するにあたって、「車載カメラを設置させてくれないかな」と、ずっと考えてました。
しかしタイトスケジュールで、カメラ設置には数分時間かかり、何かあった時の事を考えると高価な車でもあるので、とてもとても言い出せる雰囲気ではありませんでした。
f0091448_11524025.jpg

しかし、運営側は、先手を打ってましたね(汗)。
LFA運転している時、確かに車載カメラが設置されていたことは把握してましたが、それを参加者全員にプレゼントしてくれるとは思いませんでした。

参加者の要望をよくわかっていて感激です。
f0091448_1153538.jpg


次は動画です。
まずは、IS350でショートコースアタックの動画。
車速、ブレーキ・アクセル開度、ステア量、発生Gなどのロガーデータもわかる凝った動画です。
電子音がやたらしますが、コンマ何G発生すると、音がする仕組みです。
※動画はどれも走りだすまでの時間長いため、途中から見ることをお勧めします。

次は私が運転するLFA NP。
コーナーではあまりにびびりまくってますね(汗)。
トータルでは私の運転するBRZと同じようなタイムで走ってました。
コーナーでは、値段にびびってマージン取りすぎたか?

最後は、木下氏運転するLFA NPのサーキットタクシー。

う~む・・・音を控えめに撮っているせいか、実際の運転より迫力が、かなり落ちてしまうのがちょっと残念。

その他、ショーコースでのプロの模範運転、ショートコースでの午前の最初のドライビングの動画もありました。

今回届いたプレゼント、とっても小さいけれど、一生モノのプレゼントでした!
レクサスさん、本当にありがとうございました。
[PR]
by mokumokutibita | 2013-09-16 08:30 | レーシングスクール | Comments(8)
何とか更新
雨ザーザーの中、免許証の更新に行ってきました。

更新するにあたり、一つ心配事がありました。
お色のほうは、問題なく、
f0091448_23514670.jpg

意外と金色だったりします。

問題は裸眼での視力。
できれば、めがねの条件を付帯されずに発行してほしいと願ってました。
前回は、「ギリギリですね~」でした。
そして今回は、前の人と比較すると、かなり長く検査され、「う~ん、今回は条件つけませんが、めがねは携帯してくださいね~」という結果になりました。

年々視力が落ちているのは実感しています。
夜間の運転は、めがねをかけてます。
山道は、コンタクトをつけています。

しかし、それ以外は裸眼です。
めがねは、目が疲れるんです。

しかし次回は、もうダメだろうな~
[PR]
by mokumokutibita | 2013-09-15 23:59
袖ヶ浦FRWは遠かった・・・
久しぶりに苦手な袖ヶ浦FRWを走ろうと思い、休みをとって朝の通勤時間帯に出発しました。
午前中しか走行枠がなかったので、10時半か11時半の枠を走ろうと考えてました。
しかし・・・
首都高は渋滞だらけで、2時間走ってもまだ都内(涙)。
平日の朝の首都高ってこんなにすごいんか?

袖ヶ浦、都心を抜けなくてはならぬのがネックです。
10時すぎてもまだ東雲あたり・・・
やばい!
もう間に合わないんじゃ・・・
渋滞が緩和される気配もないため、予定変更!
富士SWを目指すことにしました。

今回は、格安タイヤのケンダを履いて走行するつもりだったので、タイヤ交換はなし。

しかし富士SWで180kmとか出して大丈夫なんだろうか、という不安も(汗)。
タイヤ持ってくれば良かったな・・・

東名は、順調で富士SWに到着。
昼食をとって午後の枠を走ることにしました。

以下ケンダの感想です。
・高速安定性はちょっと苦手。140km以上でステアリング切るとよれる感じがして、ちょっと怖い。
・ハイグリップタイヤと比較すると、やっぱりグリップはしないが、コントロールしている感強くて楽しい。
・結構いい感じなのだが、タイムは予想よりも遅い。
・フルブレーキすると、タイヤがブレーキに負けている。
・走行終えると、驚くほど見ばえが変わってない。よって減らないタイヤかと・・・
・サーキット走行をしても、トレッドはザラザラしてなくて、比較的ツルツルしている。
・タイヤカスはたくさんくっついていたので、結果として増えているようにも見える(笑)。
・ブロックのエッジもきれいに削れている。

てなところですかね。
ホント練習するにはいいタイヤです。
グリップ力は、純正装着のミシュランプライマシーとほぼ同じながら、若干低いような気がします。

値段考えると、かなりお勧めしたいタイヤに思います。



このタイヤ、ダンロップディレッツァZⅡのタイムの約5秒落ちといったところでした。
[PR]
by mokumokutibita | 2013-09-14 10:51 | サーキット
ボルトが折れた!
一応今年も行ってきました。
GT3やターボ登場とサプライズを期待していたものの、残念ながらなし。
f0091448_2353338.jpg

MC後のパナメーラがお披露目だったようです。
f0091448_23531218.jpg

ちょっと興味深かったのは、911の2つのライト。
こちらはノーマル。
f0091448_23535710.jpg

こちはオプションのブラックバイキセノンヘッドライト。
黒くすると、確かにスポーティに見えますが、このあたりは好みが分かれそうです。
f0091448_23532744.jpg

f0091448_23541457.jpg

一番見ていたのは、このボクスター。
「アマランスレッドメタリック」は初めてみました。
f0091448_23534785.jpg

986時代にあった、オリエントレッドメタリックに一番近いと感じましたが、もう少し明るい気がしました。

その後は、仲間と夕食を食べて解散しました。
お久しぶりの方にもお会いできて良かったです。


土曜は、御殿場まで高速バスを使ってBRZを取りに行ってきました。
BRZ、実はタイヤ交換の際にハブボルトが折れてしまったのでした。
折れたのは1本だけど、他のボルトも何かおかしかったです。

締め付けトルク間違えたのか、やり方が何かまずかったのかはわかりません。
純正でないホイールには、長いナットのほうがいいのではないかという意見もあり、長い貫通したナットもついでに購入しました。

帰れなかったわりには、修理代はそんなに高額ではなく、レッカー代12000円、ボルト交換16000円、ナット代1万円といった具合でした。

とりあえず一件落着(汗)。
[PR]
by mokumokutibita | 2013-09-05 23:53 | メンテナンス
LEXUS AMAZING EXPERIENCE 参加  後編
f0091448_026449.jpg

後編です。

いろんなレッスンを経て、我々はレーシングコースに集結しました。
パドックでもどこでも、数種類のドリンク飲み放題で、こんなおもてなしも初めてです(笑)。
f0091448_895159.jpg

まずはISで慣熟走行を行います。
直線では、165kmくらい出す感じでした。
IS、マークXよりもかなりしっかりした感じですね。足回りは気に入りました。
軽くはないため、出だしはマイルドですが、スピードに乗ってしまえばそれなりに速いです。
内装は後で気づいたんですが、かなりLFAを真似しています。
エンジンかけると、液晶のメーターが左右に開くのも同じでかっこいいです。
f0091448_81096.jpg

慣熟走行を終えると・・・
いよいよです。
f0091448_8102688.jpg

いよいよです。
f0091448_8104818.jpg

ホントに私が全開にしていいんだろうか・・・
事故ったら、間違いなくニュースになりそうだ(汗)。
参加者は、基本的にLFA世界限定50台のニュルブルクリンクパッケージに乗ります。
これって4500万!!
まじか??
ホントに全開していいのか?
9000まで回していいのか?
何か興奮してきたぞ~
f0091448_8111793.jpg

まずは、ISF CCS-Rに乗りました。
でかい私は、乗るのに一苦労のはずなんですが、ステアリングが上に倒せるから、意外とすんなり入りました。
シートベルトを締めるのも大変ですが、すべてスタッフがやってくれます。
スタッフは大変です。
LFAもCCS-Rも一人だけの運転とはならず、助手席にはプロが同乗します。
CCS-Rには、佐藤久実さんが乗ってくれました。
佐藤さん、助手席に乗せるのは二度目となりますが、一度目の時は、初めてサーキット走った時であり、ずっと悲鳴をあげておられました(汗)。
私もあれから随分とここを走っているので、もう怖がらせることはないでしょう?

それにしてもこの車、暑い・・・
まだ走ってないのに暑い暑い。いや暑すぎるぞ!
まるで真夏にスキーウェア着て、こたつに入ってうどんを食べる我慢大会のようです。
ずっとこの車の助手席に乗り続けている佐藤さんには、拷問だったことでしょう。
真夏にヒーターかけて乗るとこんな感じか?
f0091448_8131345.jpg

さあ、スタートです。
音は動画のとおり、「ブロロロロロロオオオ・・」という音で、髄分LFAとは違った音色です。
f0091448_8132989.jpg

当たり前だけど、メチャクチャがっちりしています。
すべてにおいて、まったく遊びがなく超ダイレクト。
ブレーキなんて効く効く!
鉄ローターのブレーキですが、普段BRZでブレーキするポイントで踏むと、余っちゃいます。BRZよりも遥かに速度出ているんですがね~
佐藤さんは、走行中ずっと黙ってます。
いや、車内で会話は騒々しくて不可能です(笑)。
ストレート、はい、全開にさせていただきました。245kmくらいだったかな?
1コーナーのブレーキ、メチャクチャ効くし安定しています。
どう走っても、私程度のスキルでは安定しまくっており超安全。
いや、さすがレーシングカー。
これだったら、ずっと走っていられそうです。いや暑いから無理か?
試乗はストレート一回の1.7周くらいなんですが、車に慣れる前に、そしてコーナーを攻める前に終了してしまいます。しかし慣れたら、無理する人もいるから丁度いいのかもしれませんね。
f0091448_8162751.jpg

お次は、LFA ニュルブリンクパッケージ!
シートベルトは三点式、シートも電動、エアコンも効いていて極楽極楽(笑)。
タイヤはポテンザのRE070でした。
f0091448_816579.jpg

よっしゃ!やったるで~
助手席には、ショートコースでいろいろ教えてもらった三浦さんに同乗していただきました。
先導車がいるものの、こちらのペースを妨げることはないので、基本全開OK。
f0091448_8173134.jpg

レーシングモードのパドル操作にして、さあスタート!
先ほどのCCS-Rとは全然違う乗り味なものの、これも感想は同じ。
すごいがっちりしていて遊びがまったくない、ステアリング1ミクロン切ると、1ミクロン曲がる感じがします。
アクセルを床まで踏んでみると、文字では書けない快音がしてきます。
そしてシフトアップ。ツインクラッチではないので、結構ガツンときますね。
シフトダウンは、すごくスムーズでポルシェのPDKと同じ感じ。
それにしてもカーボンボディの剛性が凄まじいです。
よく「ねじれ剛性」とか「曲げ剛性」という話を聞きますが、ねじれも曲がりもしないので、そんな数値は意味がないような剛性感です。
こちらもストレートでは全開!250km以上9000まで回させていただきました(笑)。
いや~この加速感、感動モノです。
カーボンブレーキもメチャメチャ効くし、余りまくりでした。
音は車外で聞くよりも車内のほうがいい音しますね。
ここはフェラーリと違うところかも。
f0091448_8191092.jpg

買えないけれど、この車欲しくなりました(笑)。
写真だと少し暗いですが、もう17時をすぎています。
レッスンは、かなりの長丁場でした。
f0091448_8213527.jpg

最後は、サーキットタクシー。
私は木下さんの助手席に乗り込みました。
石浦さん他とバトってくれるようです。
それにしても、プロの運転てすごいですね。感動しました。
リアタイヤはずるずる滑りまくっているのに、カウンター当てずにぐいぐい前に行きます。
木下さんの話では、この車はリア滑ってもカウンターの必要なく、どんどん踏んでOKとのことで、次元が想像できません。
1コーナーでは石浦さんの運転するLFAとサイドバイサイドとなり、ふと横を見ると石浦さんのLFAのブレーキが、真っ赤になっており、その様はとてもきれいでした(笑)。
木下さんの運転は、ホームストレート265kmくらい、裏のシケイン手前225kmくらいでした。

プロの運転は、車が速くなればなるほど、自分との差を感じされられます。
木下さんの運転は、「こりゃ真似できんわ」と思いました(笑)。
そう言えば、過去に996ターボを運転する田中哲也さんの助手席でもそう思わされました。

そして車が、身近な車になればなるほど、「がんばれば、出来そうだぞ」となります。
今回はさすがに市販車ニュル最速だけあって、次元があまりに違いすぎました。
f0091448_8215733.jpg

楽しい一日も終了です。
レクサスカレッジに戻ってシャワー浴びて、終了パーティとなります。
f0091448_8221189.jpg

ここでも軽食やノンアルコールの飲み物たさくん用意されてました。
f0091448_8222797.jpg


最後にこのレッスン、毎回行けば違うかもしれませんが、私の場合は一生の思い出となりました。
とにかく太っ腹な内容でした。
関係者の皆さま、「驚きの体験」をありがとうございました。
[PR]
by mokumokutibita | 2013-09-02 08:21 | サーキット | Comments(8)
LEXUS AMAZING EXPERIENCE 参加  前編
「LEXUS AMAZING EXPERIENCE」に参加してきました。
日本語に訳すと、「レクサスの驚くべき体験」ということになるのでしょうか、結果から言うと、確かにたくさん驚かせていただきました(笑)。
ちなみに、レクサスオーナーでなくとも参加可能です。

会場は、富士SW!
事前情報によると、LFAとレーシングカーのISFCCS-Rにレーシングコースで乗れるらしく、非常に楽しみにしておりました。
f0091448_1348237.jpg

まずは「富士レクサスカレッジ」に集合。
富士SW内でこの建物だけは、今までまったく縁がありませんでした。
しかしさすがレクサスだけあって、立派のホテルみたいな感じでした。普段は研修とかで使用されているらしいです。
ポルシェならともかく、レクサスのサーキットレッスンって、どれだけ集客できるのか疑問だったものの、すごい人気だったようです。
やっぱり皆さんLFA乗りたいんでしょうね~

またレクサス初のサーキットレッスンということもあって、プレス・メディアがたくさん集結しています。
とにかく写真撮られまくりました(汗)。

また参加者24名に対し、レクサススタッフは100人以上いたんじゃないでしょうか、とにかく「おもてなし」度は、すごいものがありました。
f0091448_13485111.jpg

インストラクターは、パンフレットによると木下隆之さんと石浦さんの二人と思っていたのですが、全部で9名ほどいたと思います。
9名のインストラクター、今まで縁のなかった方でしたが、佐藤久実さんはポルシェのレッスンで何度かお世話になったことがありました。
木下さんは、「LFAをレーシングコースで全開運転していただきます」と言うものの、この時点ではまだ疑ってました。「ホンマかいな」(笑)
f0091448_1349851.jpg

早速レッスン開始。
まずはショートコースに移動。
レクサスオーナーでなくとも参加できるので、自分の車は使いません。
ショートコースでは、IS350を使用。
IS350って初めて乗りましたが、318馬力?トルクも40近くあるんですね。
タイヤもFは225、Rは255と立派なサイズです。
f0091448_13502850.jpg

まずは、インストラクターの先導車についていって、慣熟走行をするのですが、結構ペース速いです。私はこのコース慣れているので、ある意味楽勝でしたが、初めて走る人にはちょっと厳しいペースかもしれません。
慣熟が終わると、追い抜き禁止のフリー走行。
ここで気づきましたが、このレッスンの参加者、皆さんかなりのレベルです。
スピン、コースアウト皆無。タコ踊りする人もいません。
よって私は、追い越し禁止なものの、ほぼ全開で走らせていただけました。いや下手すると前の車についていけないほどです(汗)。
但しIS350に慣れるまでちょっと時間かかりました。後で気づきましたが、この時はエコモードで走ってました(汗)。
シフトチェンジもパドルは使わず、フルオートで走行。
IS350には、データロガーが取り付けられていて、ロガー分析を三浦インストラクターにしていただきました。
プロのレーシングドライバーとのラインの違いは、予想していたけれど二箇所でした。
途中までは私のラインのほうが速いものの、トータルで見るとプロのラインのほうが結果的に速い!といろいろ説明していただき、納得しました。
また見ていて安心できるものの、メリハリがあってもいいとアドバイスを受けました。
メリハリは、ちょっとIS350に慣れないと厳しいかな~と言い訳をしておきます(汗)。
メリハリって、「踏む時は踏む」「切るなら切る」というものなんですが、どこまで踏める車なのか、よくわからないんです(汗)。失敗するとタコ踊りしそうだし・・・
しかし、データ分析は、普段ここを走っている私にとっては非常にためになるものでした。

ショートコースの次は、広い駐車場に移動し、ブレーキのレッスンとなります。
ここでは、佐藤久実インストラクター、坂本インストラクターのお世話になりました。
まずは80kmからの直線フルブレーキ。
スタートからずっとフルスロットルで、ブレーキポイント手前で丁度80kmくらいでした。
その後は、ステアリング切ってのフルブレーキの練習。
VSCはONですので、ここまでは比較的楽に出来ました。

よくYRSで使用している教室は、こんなラウンジに変身していてびっくりです。
f0091448_1351166.jpg

最後は、ドS?の佐藤さんが、フルブレーキと同時に右!左!と指示して、指示されたほうに曲がるのですが、これが結構難しかったです。
私含め皆さん、言われたほうと逆にステアリング切ってしまいがちでした(笑)。
本能的に「左じゃないかな~」とか少し思ってしまうんですよね・・・
いや、参加者の裏をかく佐藤さんがすごいのか?(笑)。
「左!」とか言われても、どっちが左だか、私の場合1秒ほどかかってしまいます(汗)。
f0091448_13512969.jpg

午前の練習はこれで終了!
昼食は、レクサスカレッジで11時頃からと早めの昼食。
朝早いので早い昼食は助かります(笑)。
昼食は、さすがレクサスといった感じで、レストランと変わらぬ食事です。
メインはハンバーガーなのですが、凝ったボリュームのあるものでした。
f0091448_13514628.jpg

ここのテラスも気持ち良さそうでした。
昼食休憩は40分ほどしかなく、午後のレッスン開始となります。
すべての進行ペースは、かなり早いです。もたもた度まったくなし!
f0091448_1352236.jpg

午後の最初は、駐車場でのトレーニング。

車両はIS300ハイブリッドを使用しました。
ハイブリッド運転するの生まれて初めてです。
まずエンジンかからず、あたふたしましたが、エンジンかからなくていいんですね、モーターで発進してくれます。しかしエンジンかからないと何か調子狂うな~

ここのトレーニングは、三台で「用意どん!」と全開加速し、適当な場所でフルブレーキし、指定されたエリア内に車が入っていたら合格、という遊びの要素も入れた練習です。
行き過ぎると、バンパーに付けられた画鋲で、コースに設置された大きな風船が割れてしまいます(笑)。
トライは二回、一回目は指定エリアちょっと手前で停止してしまいました。他の皆さんも同様で、普通に行うと本能的にマージンをとるようですね。
二回目は、ほぼパーフェクトな位置に停止。この日で一番うまく出来たのはこの瞬間かも?

その次は、バックで全開加速して、ギアをニュートラルにしてステアリング切って、くるっと向きを変えて、ドライブに入れて加速するという、何とも映画のカーチェイスのワンシーンのようなことをしました。
しかし、これ、まったくできませんでした(汗)。
向きは変わるんですが、言われたとおりの操作がまったくできません。私の場合、どうしてもブレーキで向きを変えたがるみたいです。

その後は再度ショートコースに行って練習。
追い越し禁止なものの、間隔があいていて、3周で1セットなので、基本ずっと全開アタックです。
このあたりで、かなりIS350に慣れてきた感じがしました。よってここからは、フルオートではなく、パドルシフト操作に変更しました。
タイムは39秒いくつで、ノーマルのBRZで走った私のタイムと似たようなものでした。
しかし、あと30分練習させてくれたら、もう1秒縮められたかもと言い訳をしておきます(汗)。

ロガー分析では、また三浦さんがいろいろ教えていただきました。
「最終コーナー、mokuさんの走りは、Rを大きくとっていてコーナリングスピードは高いものの、コーナリングしている時間が長くて、結果的にアクセル全開できるまで時間がかかっています。石浦プロのデータは、少し奥まで行ってもっと速度を殺し、小回りしてしているので、早く全開になっています。だから石浦プロのほうが、運転している画像見てもたくさんステアリング切っているでしょう?」と至れり尽くせりの分析でした。

この手の分析、同じ機材を装着しても素人だと分析が難しく、やっぱりプロに分析してもらってこそ活かせるように感じました。
f0091448_13525959.jpg

ショートコースで練習した後は、レーシングコースに移動。
いよいよ二台のスーパーマシンのドライビングとなります。
既に数台のISF CCS-Rが待ち構えていました。
f0091448_13544912.jpg

このCCS-Rは、完璧なレーシングカーです。
ロールケージ、5点式シートベルト、内装何もなし、エアコンももちろんなし、ポテンザのSタイヤ装着。
ハンドルは左でオートマでした。
f0091448_13551139.jpg


以上で前編は終了。
あまりに長い投稿となっているため、ここからは後編とさせていただきます。
しかしLFAとCCS-Rの全開走行の動画は先にUPしておきます。
下手な撮影ですが、ボリュームはMAXがお勧めです(笑)。


後編につづく・・・
[PR]
by mokumokutibita | 2013-09-01 10:00 | レーシングスクール | Comments(0)


by mokumokutibita
プロフィールを見る
画像一覧
最新のコメント
パンダさんこんばんは。 ..
by mokumokutibita at 22:59
こんばんは。 〇..
by cayman987 at 23:52
ぱんださん、こんばんは。..
by mokumokutibita at 00:19
こんばんは。 なかなか..
by cayman987 at 23:35
ふみのすけ先生、こんばん..
by mokumokutibita at 22:43
非公開さん、こんばんは。..
by mokumokutibita at 22:37
白カメレオンさん、こんば..
by mokumokutibita at 22:33
こんばんは。 なん..
by fuminoske at 20:01
もくもくさんこんばんは(..
by siro-chameleon at 00:50
監督、10月に転勤で戻っ..
by mokumokutibita at 23:03
お気に入りブログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.com
from venusgood.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
2年ぶりのスクール<やっ..
from 五感を覚醒せよ
ドイツ車
from ドイツ車
ボクスター987納車オフ..
from 戦闘的に走れ!
インプレッサ買取相場について
from 中古車見積って意外と簡単
ライフログ
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧