ランランラン

赤ケイマンGTS、青BRZに乗っているmokuです。車関係の話がメインですが、間違っていても大目に見てくださいませ。
<   2007年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧
ポルシェのライバル
今回は私のサーキット仲間であり、会社の部下でもあるサトー君の話です。
彼は私と知り合ってから現在までずっとS15シルビアスペックRに乗っています。

半年ごとにチューニング箇所が多くなり(多分ボーナスの影響)、現在彼のクルマはかなり純正とは異なった極悪顔となっています。
そして現在まで彼のかけたチューン費用はきっとS15の新車価格を上回っているはずと思われます。ノーマルだと250馬力なのですが、現在の馬力は未知数です。


彼は基本的に温和な性格なのですが、「こち亀の本田さん」のようにクルマに乗ると性格が変わるタイプです。
f0091448_225465.jpg


彼は6年くらい前、私のいる支社に兵庫から転勤で赴任してきました。
趣味がクルマとのことだったのでいろいろ話したのですが、「ポルシェってイタリアのクルマですか?」という質問をする程度のレベルでした。

早速、彼と山へいっしょ行くこととなりました。
当時私は986Sに乗っていましたが、まったく話になりませんでした。
私が頂上に先に着いて缶コーヒーを飲み終わり、「やけに遅いな、まさか事故?」と心配した頃にいつも彼が到着する感じです。
彼とは箱根や福島や長野などの主要なドライビングコースに毎月行っていました。
そういったコースを行き尽くした頃、二人でサーキットライセンスを取得しました。

サーキットはPDEの関係で私のほうが若干デビューが早かったのですが、最初二人の間にはかなりのタイム差がありました。10秒近く私のほうが速かったと思います。

しかしここから彼の大躍進が始まります。彼は私以上にサーキットにはまりました。
f0091448_22161227.jpg

スポーツタイヤ、鍛造ホイール、ブレーキ(ブレンボ)、ボディ補強、レカロシート、オイルクーラー、ラジエター、コンピューター、LSD、サスペンション、マフラー、意味不明の室内メーター・・・などを徐々に取り付けて、ものすごいペースでタイムが更新されていきます。
腕の向上とマシンの向上の二段攻撃で襲いかかってきます。

彼にはライセンス取得の4ヶ月後には追いつかれ、半年後にはベストラップで4秒差をつけらました。
腕だけではもう太刀打ちできないと判断した私は986Sにアドバンネオバの投入を決意しました。それは成功してネオバの投入によって彼に1秒勝ち、逆転することができました。

もう彼が逆転することはないだろうと思った私は986Sを手放し、987Sを注文しました。
納車待ちの間はスイスポで毎月走っていました。

そして2007年会社が正月休みの時、サトー君は私に内緒で一人で富士に行って特訓していました。冬は気温が低くタイムアップが期待されます。

ここでサトー君は私が信じられないタイムを出してきました。
986Sの私の自己ベストは2秒以上短縮されてしまいました。私たちは今までせいぜい1秒短縮できれば大喜びだったので2秒以上というのはかなりの絶望的な差です。

私はサトー君に勝利すべく最終兵器を登場させました。987Sが納車されたのです。
初走行では届かなかったものの、PDEでベストを更新した私は現在二人の間だけのレコードホルダーを再びゲットすることができました。
しかしその差0.2秒・・・(ちゃんとしたタイム計測器が必要な理由がご理解いただけると思います)

もし彼がいなかったら、私の現在のタイムはもっと遅いと思うし、彼も私がいなかったらもっと遅いタイムと思います。私はその点でサトー君にとても感謝しています。

そのサトー君は、私を叩きのめすべく日産から発表された「フェアレディZ バージョンニスモ380RS」を先日注文しました。
このクルマは300台限定のクルマで、諸経費込みで約600万だそうです。
f0091448_8423956.jpg

動力性能は997Sとかなり近く、3800cc、350馬力、トルク40.7kgmと記憶しています。

このクルマ、ポルシェの半額で似たような性能を得ることができるという、まさに天敵のようなクルマです。しかも最初からチューンされています。

タイヤは最初からポテンザ01R履いているし、二人のタイム競争に終止符が打たれることは間違いなさそうです(ちょっと寂しいな)。
f0091448_8431596.jpg

(写真はryoさんご提供)
[PR]
by mokumokutibita | 2007-06-29 22:49 | その他の車 | Comments(32)
初めてのジムカーナと納車
セイウチさんのお誘いを受けて、ジムカーナに参加してきました。
ジムカーナは人生で経験したことがありません。さてどうなることやら・・・・

早朝出発して現地に到着してみると、まだ雪が見えます。
この山が見えたた瞬間、半袖一枚では寒いかもしれないと心配もしましたが、超晴天で日差しが強くとっても暑かったです。
f0091448_22571871.jpg

ボクスターの集団を撮りましたが、参加者で一番多かったのが新旧GT3です。怖えええ・・
f0091448_22573553.jpg

晴天のため、いつもよりも元気に緑を放っていました。
考えてみると、この車で雨天をまともに走ったことがありません。ワイパーは10往復もしていないように思います。まさに「晴れ車」のようです。
f0091448_2258144.jpg

↑タルガを操るセイウチさん(ボケてしまってすみません)。走行中は常に笑顔で走っているという特徴を発見しました(笑)。

タイムは光電管を使った計測、スタート地点には係員がいて、ミスコースとかを見張っている係もいたりと予想よりも本格的です。
午前はタイム計測はあるものの基本的には練習時間で、午後がタイムアタックとなります。

計測は自分の車でのタイムアタックと、用意されたカレラSとタルガ4Sに全員が乗って同条件でのアタックがあります。

まずコースを覚えるために、一度コースを歩いてみます。
覚えたつもりでいても、車に乗ってスピードを出すとコースがわからなくなってしまいます。
ある程度、頭ではなく体で覚えさせ、常に先を考えて走る必要があります。
コースは全開で走ると1分弱で、最高速は110キロ程度です。

数回走ってみましたが、私の運転はヘロヘロな動きでまったくうまくできません。
そしてやばいのはタイヤです。これをしょっちゅうやっていたらすぐなくなってしまいます。失敗すると余計にやばくなります。

いくらやっても失敗だらけなので、車を降りて参加者の走りを高い場所から30分くらい見物していました。
すると、「あの人のラインよりもこの人のラインのほうがいいはず」、「みんな1速にシフトダウンして曲がっている」、「ほとんど人があそこではブレーキが遅いようだ」 というようなヒントを得ることができました。

加えて、いろいろな方の助手席に侵入して参考にします。

いくら研究しても、うまくは実践できないものなのですが、やらないよりはましと思いました。
1速を使うと確かにタイムアップとはなりました。

しかし1速へのシフトダウンは慣れていないからか、下手だからか、そういう車だからか、温度なのか、不明ですが不思議なことがおこりました。

負担をかけると1速に入らなくなってしまったのです!
シフトノブは1速の場所にあります。しかしアクセルを踏んでも進みません。クラッチペダルも踏んでいないのにニュートラルの状態と同じです。
こっちは1速に入っているつもりなので、空ぶかし状態となります。

そしてクラッチを踏んで、2秒くらい経ってから1速に入れると今度は普通に進みます。

ぶっ壊れた!と思いましたが、tkdさんも同じ経験をされたようなので、多分ギアを自動的に保護するカラクリのようです。

シフトノブは1速の場所にあるのに、クラッチを踏まずそのまま止まってもエンストしません(笑)。
クラッチを踏んですぐ1速に入れ直してもグニャグニャなフィールでギアが入りません。
「ガコッ」と1速に入れるには、一呼吸の時間が必要のようです。
よって発進ができない、なんてことにはなりません。


f0091448_22584425.jpg

↑二話連続登場のtkdさん。非常に練習熱心です。
↓フルブレーキでがんばるコージさん。
f0091448_22591251.jpg

↓非常にこだわりのある内外装の白いGT3で走行中の、あおさん。
f0091448_22592963.jpg


昼食を食べている間、ギアが壊れてしまうことを考えて、1速は発進のみとし、オール2速で走ることを決意しました。
しかし私の場合、それがどういう訳かタイムの短縮につながりました。


最後はタルガ4SやカレラSでタイム計測もしました。
ほとんどの人はカレラSのほうがいいタイムが出ていたようなのですが、私の場合はほとんど同じでした。
そしてセイウチさんのGT3でも走らさせていただきました。

私の運転の場合、タイムのいい順に並べると・・・
①マイボクスター
②リビエラGT3
③カレラS、タルガ4Sの二台
と言う結果でした。

他のが自分のよりも大幅に速いと、欲しくなってしまうので救われました(笑)。
やはり自分には自分の車が合っているということでしょうか・・・
f0091448_22594727.jpg

この日はいろんな車を楽しめ、いろんな人の運転を楽しめました。
タイヤにはきついけれど、一台一台のトライのため安全性も高いです。
ジムカーナの楽しさを満喫できた一日でした。

参加話を持ちかけてくれたセイウチさん、企画していただいた方々、ありがとうございました。
f0091448_22595767.jpg




帰宅途中、この日の第2部が始まりました。
この日は青鰐さんと、MEGAさんのポルシェ納車日でした。
どちらも半年しか経っていない自分のが古く見えるくらいピカピカです。

青鰐さんのケイマンのコバルトブルーはとってもきれいな色をしていました。
f0091448_12545488.jpg



そして「ガオー!」と噛みつかれそうなMEGAさんのカイエン。迫力あります。
f0091448_2304156.jpg


お二人さん、おめでとうございます。
お先に失礼させていただき申し訳ありませんでした。
[PR]
by mokumokutibita | 2007-06-23 23:00 | 987 | Comments(22)
走行写真②
今月も飽きもせず富士へ行ってきました。
すると詳細は不明ながら、BMWのイベントをやっていました。
f0091448_21241657.jpg

今月も参加者はいつものメンバーです。

今回の走行は、みなさん一回のみでした。
ブレーキトラブル二名、暑さによる人間トラブル一名。共に健康だったのは私だけでした(笑)。
台数はやや多めでクリアラップなく、私を含め参加者はベストとはほど遠いタイムと残念な結果でした。
f0091448_21244235.jpg


そこで私は走行シーンの撮影にチャレンジすることにしました。
走行されている方、勝手にモデルとさせていただきました点についてはお許しください。


サーキット内をかなり歩きましたが、どこに行っても金網というかフェンスが撮影の邪魔をしてしまいます。
しかしこの邪魔をうまく利用すると、それがスピード感を表現しているようにも見えてきました。
f0091448_21245677.jpg

↓爆走tkdさん。
f0091448_21251158.jpg


いろいろ探しまくっていると、わずかながら金網と車が重ならない秘密の場所を発見しました。
f0091448_21254629.jpg
f0091448_21255493.jpg

どの写真も止まっているようには見えないように気をつけました。
シャッタースピードは速すぎても遅すぎてもいけないようです。
しかし、視点を下にすることはできませんでした。金網と重なってしまいます。
撮影技術はともかく、シロートの撮影場所としてはベストと思いました。
f0091448_2126960.jpg
f0091448_21264563.jpg

激走tkdさん。


さらに数キロ歩くと、また金網と一瞬だけ重ならない場所を見つけました。
クリッピングに近づいたタイミングで撮るのがいいようです。
f0091448_21274225.jpg
f0091448_21275642.jpg


これでシロートとしてはそれなりの楽しい写真が撮れるようになりました。
本当は撮影ではなく、走りに行ったんですが(笑)。
[PR]
by mokumokutibita | 2007-06-20 21:28 | 撮影 | Comments(20)
走行写真①
PDE事務局から素敵なプレゼントが届きました。
走行しているときの私の写真なのですが、プロで活躍されているモータースポーツカメラマンが撮ったものです。
あまりのすばらしさん感動いたしました。
早速、写真屋に持って行き、でっかい写真とCDにしてもらいました。
f0091448_1027195.jpg


ブログにアップすると小さくなってしまうのが残念ですが、私が撮る写真とは以下の点が異なります。
①走っているように見え、止まっている感じがしない。
②車の正面が見える。しかも車がでっかく写っている。
③背景は少ししか見えないが、しっかりサーキットだとわかる。
④ピンボケなどあるはずもなく、実写真はすさまじいくらいくっきりしている。

すべてにおいて違うのは当たり前なのですが、シロートの私が撮った写真とあまりに違い、撮影の難しさを実感しました。
シロートが撮った写真だと・・・
f0091448_10301752.jpg

↑まず正面から車を撮るのは難しいです。サーキットで正面からは危ないからどうしてもストレートなどでは横になりがちです。正面を撮ると車が小さくなってしまい、また止まっているようにも見えてしまいます。
このシルビアはとりあえず動いているようには見えますね。
f0091448_10325241.jpg

↑これは高い場所から撮ったので車の正面が入っています。しかし止まっているように見えてしまいます。それにサーキットではなく、どこかの駐車場に見えなくもないです。
f0091448_10341557.jpg


f0091448_10374452.jpg

↑コーナーで撮ると、止まっているようには見えません。躍動感があります。しかしこれも前から撮れる場所がほとんどありません。

f0091448_1049361.jpg

↑遠くからだと正面から撮れますが、パソコンで修正して拡大するのでどうしても荒くなってしまいます。近くで正面は危険なので場所がありません。
望遠買えばいいじゃん、というのは禁句です(笑)。


走っている時の写真ってとっても難しいです。今後はかっこいい写真が撮れるように、いろいろ考えながらやってみます。
[PR]
by mokumokutibita | 2007-06-16 10:28 | 撮影 | Comments(32)
スポーツデザインパッケージ

PDEに行くといつもたくさんの広報車があります。
その中に黄色いボクスターがありましたが、それはスポイラーの付いたスポーツデザインパッケージとなっていました。
f0091448_19355235.jpg

新しいOPであるし、高価(70万)であることから非常に珍しいと思い、写真を撮ってきました。
f0091448_19304637.jpg
f0091448_19322639.jpg

前よりも後ろのほうが、スポーティに見えます。
白、黄色、赤など明るいボディカラーに似合うように思います。
f0091448_2183540.jpg

そしてスポーツデザインホイール三兄弟です。
できれば並べて四兄弟にしたかった・・・
[PR]
by mokumokutibita | 2007-06-13 19:32 | 987 | Comments(20)
タイヤカス
サーキットから帰ってくると、必ずと言っていいほど数日以内に洗車をしています。
洗車はサーキットから帰ってきてからするものとなっており、出発前にすることはまずありません。
洗車はいつも自宅ガレージ(と呼んでいいかは別として)で行います。
私のガレージには一般的には珍しいものがたくさん落ちています。
それは「タイヤカス」です(笑)。

タイヤカスと言ってもタイヤにくっついているカスではありません。
タイヤにくっついたカスをきれいにすることは非常に困難で、私は無視することにしていますのでガレージで落ちることはないはずです。

しかしガレージにはたくさん落ちている・・・
実はタイヤカスはタイヤにだけくっついている訳ではなく、ホイールの内側にもたくさんへばりついています。
洗車の時ホイールの内側をゴシゴシするとおもしろいようにポロポロ落ちてきます。あまりたくさんくっつけているとホイールバランスが狂うかもしれません(笑)。
一輪で4個くらいは、へばりついているように思います。
計16個、10回サーキットに行くと160個とガレージ内はカスだらけとなってしまいます(笑)。
もちろん履き掃除はしています。

それにしても、どうしてホイールの内側にへばりつくのでしょう?
ものすごく溶けた半液体のようになった、くっつきやすいゴムカスだとしても、ホイールってすごい勢いで回っている訳だし、その時によくくっつくことができるなあと思います。

多分車のボディ下で外側のタイヤが発したカスが、横に飛んで内側のホイールの中にくっついてしまうのだと思います。
見かけは動物の糞のようで、見た目取り除きたくなります(笑)。

走行後に私が洗車をする理由は、このホイールの中のゴムカス取ったり、タイヤ見たり等の点検も兼ねているようにも思います。

またサーキットを走っていると高速道路の飛び石のように、前の車のタイヤからタイヤカスが飛んできます。これも溶けているせいか、ボディに被弾すると黒いゴムの汚れとなってしまいます。
白い車とかでは目立って気になるかもしれませんが、これについてはワックスをかけるときれいになります。

そんな訳でPDEから帰って約4ヶ月ぶりにワックスをかけました。
[PR]
by mokumokutibita | 2007-06-10 22:51 | Comments(14)


by mokumokutibita
プロフィールを見る
画像一覧
最新のコメント
パンダさんこんばんは。 ..
by mokumokutibita at 22:59
こんばんは。 〇..
by cayman987 at 23:52
ぱんださん、こんばんは。..
by mokumokutibita at 00:19
こんばんは。 なかなか..
by cayman987 at 23:35
ふみのすけ先生、こんばん..
by mokumokutibita at 22:43
非公開さん、こんばんは。..
by mokumokutibita at 22:37
白カメレオンさん、こんば..
by mokumokutibita at 22:33
こんばんは。 なん..
by fuminoske at 20:01
もくもくさんこんばんは(..
by siro-chameleon at 00:50
監督、10月に転勤で戻っ..
by mokumokutibita at 23:03
お気に入りブログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.com
from venusgood.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
2年ぶりのスクール<やっ..
from 五感を覚醒せよ
ドイツ車
from ドイツ車
ボクスター987納車オフ..
from 戦闘的に走れ!
インプレッサ買取相場について
from 中古車見積って意外と簡単
ライフログ
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧