ランランラン

赤ケイマンGTS、青BRZに乗っているmokuです。車関係の話がメインですが、間違っていても大目に見てくださいませ。
<   2007年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧
スイフトスポーツ対ボクスター986S!
数日前、富士スピードウェイへ行ってきました。
天気は下の画像のとおりで、風もなく最高でした。
連れ出したのは987ではなく、スイフトスポーツです。

今回はコースレイアウトと、バトルの風景のオタク系レポートとしましたが、頻繁に行っている人以外、内容は意味不明と思います(笑)。
また、かなり自分の世界に入った文章となりますのでご勘弁ください。
f0091448_2175463.jpg


ホームストレート、4速全開!
スイスポのレッドゾーンは6500回転からだが、4速の6000回転の先はなかなか吹けきらず、レッドゾーンに達するよりも早くブレーキとなってしまうため、早めに5速にシフトアップを試す。
5速にシフトアップのポイントは、丁度スタート地点でもあり、タイムの計測もスタートされる。
横には986Sがいたが、すぐに先に行ってしまった。
やっぱり、パワーのせいでなかなかスイスポは車速が上がらない。
しかし早めにシフトアップしたのが良かったのか、ストレートエンドでは過去最高の170キロとなった。しかし抜いていった986Sは、210キロは出ているはずだ。

前にいた986Sは1コーナーの200メートル手前でフルブレーキングをしていたが、スイスポはもっと突っ込んで、130メートルあたりでのブレーキとなる。
しかもいきなりフルブレーキをかけると、後輪が横に滑り出し、不安定となりスピンモードとなってしまう。そのため思いっきりは踏まず、3速までダウンしたあたりで思いっきり踏む。

そして、1コーナーは3速で曲がる。
ここでトレイルブレーキをうまく使うと理想的なラインを描いてコーナリングできる。
コーナーをクリアしたら、全開!4速にシフトアップしたと思ったらすぐブレーキ、3速にシフトダウン。
ブラインドとなっている2コーナーのコカコーラコーナーに110キロあたりで突っ込んでいく。
突っ込んでいく時は先が見えず勇気が必要なコーナーだ。 986Sが見えた!

そして長い長い、名物100Rへと続く。
だんだんときつくなっいく右周りのコーナーで、一番横Gが発生するところだ。
しかもそれが10秒近く続き、富士で気持ち悪くなるのはここが原因だ。
ここはブレーキを使わず(使う人もいる)、4速のスロットルコントロールで、4輪ドリフトしながらクリアする。いつもここで、タイヤにへばりついたタイヤカスが、ホイールハウス内でバチバチ飛び散る音がする。
986Sとほぼ並んだ。

するとすぐヘアピン。3速で曲がるが、コースを大きく使うのが難しいところだ。986Sでは難しいのだろう、ここであっさりパスした。

ヘアピンを抜けるとバックストレート。
しばらく全開! しかしストレートと言ってもゆるい右カーブとなっているので途中かなりの横Gがかかる。ウェットだと全開は超怖い。
すでに抜き返した986Sは猛烈な勢いで後ろに迫ってきている。

そしてシケイン。フルブレーキ!
なぜかここでのフルブレーキは後輪が横に行こうとしない。しかし1コーナーの次にブレーキに負担がかかる所だ。
シケイン進入は、一番スピードを落とす場所でもある。2速で右、左と忙しくステアリングを切る。
ここからは登りなので、FFだとトラクションが抜けていつも同じ場所でホイールスピンする。5000回転からいきなりクラッチを切ったように、いきなりリミッターにあたってしまう。

シケインを抜けると、右コーナー。3速ノーブレーキでクリア。

その後の左に曲がるネッツコーナーは、ひらがなの「つ」の形をしている。
一番スピンする危険のあるコーナーだ。しかも逆バンクのうねりあり、ブラインドありだ。
登りでもあり、アンダーも出やすく、あわててステアリングを切り増すと今度はスピンする。
ここだけはシケインと同じく2速まで落とす。

最終コーナーに向かって全開。
ギアは3速。いつもはブレーキングしていたが、今回はうまくラインを取り、試しにノーブレーキで曲がっていく。
タイヤは滑るが、滑ると車速が落ちてくるので100Rと同様にこれをブレーキとして利用する。

そしてホームストレート。
全開!全開!全開! 忘れていた986Sがパワーを使って後ろからものすごい勢いで追ってきた。しかしまだ差はある。

スタート地点。
勝った!
986Sとの差、約2秒。
f0091448_22786.jpg

戦った986Sの画像です。

実は戦った986Sとはゴースト(幻)であり、乗っていたのは数年前の私の姿です。
今回、私が986Sで初めて行った時のベストラップをスイスポでとうとう破ることができました。
その模様を想像のゴーストとして登場させたのです。実際のバトルはありません。

「最初が下手で遅すぎ」ということもありますが、ボクスターの初走行ベストは、私がスイスポでの走行の目標としていたタイムでした。

今回、今までのスイスポの自己ベストを、約3秒縮めることができました。
どうして3秒も縮めることができたのかの理由は、気温か、ライン取りか、ギアの選択か、ブレーキか、といろいろ考えられますが結局のところ謎です(笑)。
[PR]
by mokumokutibita | 2007-02-24 22:45 | サーキット | Comments(34)
5800回転で「きっかけは・・」まで
f0091448_15153125.jpg

一週間経過して、ボクスターが騒ぎ出す可能性が出てくる前に、ひとっ走り・・・
どこかのテレビ局の近くまで行ってきました。

そうそう、ストップウォッチをイルミネーションとして使用してみました。
きれいなのですが、ちょっとフロントガラスに写って反射しまうのがネックです。
f0091448_15163436.jpg

f0091448_15185521.jpg

初めて5000回転以上回しました。一番回したときで5800回転あたりです。
ここまで回すと「結構速いのね」と実感できるし、必要以上にシフトチェンジをしてしまいます(笑)。
徐々にエンジンがかかってきた感じです。
f0091448_15165454.jpg

f0091448_15172579.jpg

f0091448_15175362.jpg

車とカメラと両方での遊びとなりました(笑)。
[PR]
by mokumokutibita | 2007-02-20 15:20 | 987 | Comments(48)
今のタイムは? (スポーツクロノ)
f0091448_2310475.jpg

私のボクスターには「クロノスポーツパッケージ」をつけました。
MTの場合、その特徴は四つです。

まずアクセル開度のセッティングが変更になること、これはかなり実感できます。
そしてPSMの介入が弱くなること、これはまだとても試せません。
そしてサスが硬くなること、これはPASM装着車の場合となります。

そして特等席の場所には例のストップウォッチが付くことです。
これの使い方をマスターするには、まず「オンボードコンピューター」の使い方をマスターする必要があります。
ということでほぼ完璧に覚えました。
そして例のストップウォッチを作動させてみました。
そして・・・

結論から言うと、残念ながらちょっとがっかりです。
サーキットへよく行く人でこれをよく使用する人はまずいないと思います。
それは一周しか計測できないからです。
サーキットへ行かない人でもよく使う人はきっといないでしょう。
f0091448_23112239.jpg

私はサーキットへ行く時はラップタイム計測器を車内にガムテープで簡単に取り付けます。
その計測器は磁気センサーによって自動的にスタート地点に来ると周回ラップを表示し、走行が終わってもその各周回タイムは見ることができるし、ベストラップを呼び出すこともできます。
最初は本当にスタート地点で反応するのかと疑っていたのですが、反応しなかったことはありません。正確に百分の一秒まで計測してくれます。

クロノのストップウォッチは、自動ではありません、手動です。
計測するには、まずオンボードコンピューターをクロノの画面にしておいて、その地点に来るとウィンカー下のレバーを押します。計測開始です。
そして一周してきてスタート地点でまた押すとその周回のラップは表示してくれます。
しかしそれで終わりなのです。次の周回のラップは計測してくれません。計測するにはリセットする必要があります。リセットするにはレバーを数回操作する必要があり、走行中にはちょっと困難ですし危険です。中間タイムも計測してくれますが、一度だけのようでこれを使えば二周だけならタイムは計れます。しかし二周目は合計タイムから一周目のタイムを引き算する必要があります。
また中間タイムなどははレバーを間違えて操作してしまう可能性もあり、計測についての操作性はあまりいいとは言えません。

いろいろいじってみたのですが、これ以上の効果はないように思いましたし、取説にもありません。

私がよく行く富士スピードウェイには「ショートコース」という小さいコースがありますが、このコースはラップタイムの計測器が反応しません。地方の小さめのサーキットも同じで反応するのはかなり大規模なサーキットのみとなります。
そのため小さいコースでは役にたつのではないかと期待していたのですが、やっぱりヨーロッパのモデルのようにナビと連動するタイプでないと役立つのは困難に感じました。
クロノの一発勝負の計測は「十周走っての合計タイムは?」という場合や「一周勝負のジムカーナ」等に有用価値が限られていると思いました。
[PR]
by mokumokutibita | 2007-02-15 23:48 | オプション | Comments(44)
うるさいぞボクスター(室内センサー)
f0091448_22171043.jpg

昨晩、久しぶりにボクスターにちょっと乗りました。仕事が忙しくなかなか乗れないでいました。
一週間以上ドアを開けていませんでした。
986は5日間、987は7日間、何もいじらないでいればリモコンキーで開錠することができないということは知っていました。
よって鍵をドアに差し込んで開錠しドアを開けました。
シートに座ってクラッチ踏んでエンジンかけるため鍵を差し込もうとしますが、太いウィンカーレバーやその下にあるオンボードコンピューター用のレバーが邪魔して鍵穴が見えません。差し込むにはちょっと顔を動かして覗きこまないと鍵が「カシャン」と差しこなれないのです。
すると・・・
「ビー!!ビー!!ビー!!ビー!!ビー!!」とクラクションが鳴り続けます。
驚いた私は慌てて鍵を差込みます。すると静かになりましたが、ウィンカーは点滅したままです。エンジンをかけるとウィンカーの点滅もなくなりました。

取説を読みました。
警報システム装着車の場合、
「キーを差し込んで運転席ドアロックを解除した場合、20秒以内にドアを開け、警報システムが作動しないよう10秒以内にイグニッションにキーを差し込んでください。」とありました。
私はこれの「10秒以内」に引っかかったようです。
夜遅かったこともあり、近所迷惑でした。


f0091448_22183599.jpg
それから某駅近くの時間貸しのタワーパーキングにボクスターを入れました。
用を終え、30分後戻ってきて車を出そうとしました。
するとはるか上の方でまた「ビー!!ビー!!ビー!!ビー!!・・・・・・・」です。
今度は何も私はしていません。

タワーパーキングなので揺らされると鳴るのかと思いましたが、このパーキングはよく使っていて鳴ったことは初めてです。それに「揺らされると鳴る」とは取説にもありません。
よってこの件は原因不明です。

しかし取説には「不意に警報システムが作動した場合には・・・」と記載があります。
「不意に鳴らすなよ」とも思いますが、不意に鳴ったらキーのオンオフを押すのが一番いいようです(タワーパーキングのときははるか上で鳴っていたのでどうすることもできませんでしたが)。

一週間以上乗らなかったときも、鍵をドアに差込み開錠してからリモコンで再びロックし、リモコンでまた開錠する、というやり方が警報を鳴らす心配もなく安全と思いました。

f0091448_22202279.jpg

私はオプションで室内モニタリングされた警報システムをつけたのですが、これは986Sでは標準装備でした。
リモコンの利く期間が5日と7日の違いで他は同じだろうと思っていたのですが、随分違うようです。
ちなみに986Sのときは一度も鳴ったことはありませんでした。


*文章と画像は無関係です。
[PR]
by mokumokutibita | 2007-02-12 21:38 | オプション
さらばマーチ
あまり話題にしていませんが、私は日産マーチを持っていました。
購入は平成15年7月でした。
後輩の母親が新車キューブに乗り換えるため不要となり下取り3万のところを5万で売ってもらった車です。生まれて初めて現金一括で買った車でした(笑)。

このマーチは1000ccの3ドア、アルミとリヤスポとフォグが付いていました。
カッコはマーチの中でもスポーティなモデルと思います。
よくボクスターのウィンデフよりも安い車と言われますが、すぐ車検切れたため車検取ってタイヤ買って・・なんだかんだと20万近くなったと思います。
f0091448_23232385.jpg

上は唯一の写真です。

当時私は986ボクスターSに乗っていました。マーチは足車として購入しました。
足車はモトクロスのバイクもあるのですが、マーチは雨の日、寒い日、暑い日などバイクが苦手の時に活躍していました。遠出にはほとんど使用しません。
3年半で乗った距離は5千キロくらいと思います。しかしエンジンかける回数はボクスター以上に多かったと思います。
マーチは燃費が良くてトコトコと走る車でした。NCVTは慣れがいりますが、トルクフルな感じがしてわりと気に入っていました。癒し系の雰囲気の車でした。


私は昨年986を売却すると、スズキのスイスポを購入しました。それからはスイスポとマーチの二台体勢です。似たようなコンパクトカーの二台体勢でしたが、マーチの車検を取ったばかりということもあってそのまま使っていました。

そして最近、987ボクスターが届きました。
こうなると三台体勢です。最初は三台置いていましたが、ボクスターに乗る時には車の入れ替えをしないと出すことができず非常に面倒です。下手すると10分かかります。
よってマーチとお別れとなりました。このお別れは当初より計画していたことです。
車検はあと半年残っていたのはもったいないけれど、そろそろ自動車税もカウントされるのでタダで引き取ってもらいました。
その時点でマーチの通算走行距離は約9万キロでした。ずっと壊れもせず働いていたようです。

「マーチ今までありがとう」



そしてこれからはボクスターとスイスポの体勢です。
スイスポは足車でもありますが、それだけではスイスポに可哀想な気もします。しかしツーリングなどはやっぱりボクスターで行きたいと思いますし、使い分けが難しそうです。
[PR]
by mokumokutibita | 2007-02-10 23:49 | その他の車 | Comments(24)
納車ラッシュ(ただし地域限定)
ほぼ同時期に注文したsputnikさんが先日納車となりました。下の写真のようにとても眩しく輝いていました。
f0091448_0182620.jpg


私と二人で僕星団の方々に「sputnikさんの納車日に集まりませんか?」と問いかけをすると、たくさんの方々が集まってくれました。予想の倍以上の参加人数でした。
参加いただいた方々、本当にありがとうございました。
f0091448_0204058.jpg


そして団体で向かったのはなぜか個人宅です(笑)。
ボクスターオーナーTAKAさんの農園へ行きました。たくさんの野菜をいただき感謝感激です。
自宅前の農園に駐車していると、通りすがりの車から「何事ですか?」と質問されてしまいました(笑)。
f0091448_02228.jpg


またsputnikさん納車おめでとうございます。
彼の車はカタログモデルにターボホイールを履かせたようなスポーティな仕様なのですが、ターボホイールは回っているとキラキラキラキラ・・していて気に入ってしまいました。オーナーはその光景を見ることができないのでその点残念かもしれません。
f0091448_0234176.jpg

とっても楽しい一日でした。
f0091448_0254391.jpg

黒にしか見えない逆光のマイボクスター。
f0091448_0263747.jpg

私の車をバックに・・・って車見えないじゃん(笑)。
[PR]
by mokumokutibita | 2007-02-06 00:26 | 987 | Comments(32)


by mokumokutibita
プロフィールを見る
画像一覧
最新のコメント
パンダさんこんばんは。 ..
by mokumokutibita at 22:59
こんばんは。 〇..
by cayman987 at 23:52
ぱんださん、こんばんは。..
by mokumokutibita at 00:19
こんばんは。 なかなか..
by cayman987 at 23:35
ふみのすけ先生、こんばん..
by mokumokutibita at 22:43
非公開さん、こんばんは。..
by mokumokutibita at 22:37
白カメレオンさん、こんば..
by mokumokutibita at 22:33
こんばんは。 なん..
by fuminoske at 20:01
もくもくさんこんばんは(..
by siro-chameleon at 00:50
監督、10月に転勤で戻っ..
by mokumokutibita at 23:03
お気に入りブログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.com
from venusgood.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
2年ぶりのスクール<やっ..
from 五感を覚醒せよ
ドイツ車
from ドイツ車
ボクスター987納車オフ..
from 戦闘的に走れ!
インプレッサ買取相場について
from 中古車見積って意外と簡単
ライフログ
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧