ランランラン

赤ケイマンGTS、青BRZに乗っているmokuです。車関係の話がメインですが、間違っていても大目に見てくださいませ。
<   2006年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧
フルアヘッド!! (全速前進)
数日前、sputnikさんから電話がありました。
「mokuさん、僕のボクスターが完成しました」
という報告でした。おめでとう、いいなあ・・と思いました。私のは数週間前に確認した時点ではまだ生産中でした。
私も同じ生産月なのでそろそろかなと思い、久々にPCへ行って聞いてみました。
すると急展開でした。

すでにいつの間にか完成していて、もう船に乗っており、12月15日に日本に到着の予定とのことでした。もう印鑑証明取ってもいいとのことです。
日本に到着すると一回で100台くらい下ろすようです。その後はPDIで検査して、PCに運ばれてコーティングやETCの取り付けを行い、登録して納車となるのですが、年末年始もあるので1月10日あたりの納車となりそうです。

航海は一ヶ月とちょっとなので11月10日頃には完成されていたようです。
確か地中海からスエズ運河、インド洋を通って日本に来ると思いましたが、アジアはあまり停泊することがないと思いますので地中海あたりは長くうろうろしているのでしょう。きっと今は地中海にいるのだと思っています。

またちょっとした事情でホイールはターボホイールとはならず、スポーツデザインホイールとなりました。
「絶対ターボホイールではないと嫌だ」というより「どっちでもいい」といった感じでしたので特に意見もないのですが、スポーツデザインの方がキャリパーとかが見えにくく、ブレーキ関係が目立たないようです。
ブレーキ関係を目立たせたいのであればスポーツデザインは不向きかもしれませんし、19インチにしてホイールの中のスカスカ感が気になるのであれば向いているようにも思いました。

私は買い換える時、「ボクスターをお色直しに出す」と表現しましたが、ドレスと髪型をすでに変えて廊下を歩き出し、○○の間に向かって歩きだしたようです。廊下はなぜか果てしなく長い廊下ですが(笑)。
f0091448_2341413.jpg

上はオーバルでのりょうたろさん号。
[PR]
by mokumokutibita | 2006-11-25 16:23 | 987 | Comments(14)
オーバルリベンジその3 ラップタイム
オーバルで話をかなり長引かせていますが今回で最後です。今回でタイトル数は100となりましたが、我ながらよく続けているものだと思いました。
f0091448_17162560.jpg

上はかなりいいタイムを出した同じ職場のサトー。

オーバルレッスンも終盤に入るとタイム計測を行います。
タイムの結果は数日後、メールで送られてきます。
タイム計測にはいろいろな意見もあると思いますが、タイムを計測するということは飽きずらいとも思います。
私は毎月のように富士のサーキットへ行っていますが、タイム計測をしないとどの走りが良かったのかわかりずらく、テクニックのレベルアップも体感しずらいのです。タイムを計測しなければ飽きてしまったかもしれません。

私のオーバルレッスンのタイムはたかが知れていますが、興味深いことを発見しました。
まず私は比較的タイムのばらつきがないようです。
これは安定しているとも言えますが、いろいろ試していないとも言えます。また上達していないとも言えます(笑)。
一般的に右ハンドルは右周り、左ハンドルは左周りの方がタイムが速いということも実感しました。
私の車は右ハンなので右周りだとパイロンと自車との距離が把握でき(見える)ます。また重い人間をイン側にさせることでいくらかロールも減ります。このことは絶対的なコーナリングの限界をちょっとだけアップさせることにもなります。
私の場合は右周りのほうが慣れていないにもかかわらず(通常のレッスンは左周り)0.1秒ほど速い結果でした。あまり変わらないとも判断できますが・・・

そんな訳でレッスンが終わってからも自宅でタイムを見ながら楽しめました。
f0091448_17153110.jpg

下は箱根でのtodayさん号。
f0091448_1718231.jpg

[PR]
by mokumokutibita | 2006-11-23 17:07 | サーキット | Comments(14)
オーバルリベンジその2 三輪走行
f0091448_2373663.jpg

先生から三輪走行を注意されましたが、自分では三輪で走っている自覚がまったくありませんでした。
こうやって見ると、それほど前のめりでもないんです。
f0091448_22422290.jpg

よくFFのレースとかでも三輪で曲がっている写真などを見ますが、まさにあれと同じだったようで毎周浮かせていたようです。一輪浮いているということは、曲がりが終わるとその一輪は地面と接触することになるのですが、浮いたことも感じなければ接触したのもまったく感じません。
正直あの程度で浮くとは思っていなく、今までもサーキットや山道で知らずのうちに浮かせていたのかもしれません。
f0091448_2245432.jpg

ちなみに右回りだと画像では左と大差ないのですが、タイヤは浮きません。

乗っているほうは転倒とかしそうな感じではありませんでしたし、ラップはとっても安定していました。
注意された後に自分で浮かないよう気を付けて走っても浮いてしまいました(笑)。
どうして浮いちゃうの? と先生に質問すると親切なことに「私が運転するから助手席に乗って」という、うれしいお言葉をいただき、特別授業もしていただきました。

なぜ浮くか? 理由は、
①FFで後ろが軽いから
②ガソリンがあまり入っていなく余計後ろが軽いから(タイムを気にしてあまり入れなかった)
③ホイールベースが短いから
④左周りでクルマの左側が人間がいなく軽いから(右周りだとドライバーがイン側になるため同じように走っても浮かない)
⑤サスの伸び側のストロークが足りないから
というクルマ側の問題点に加え
⑥まだハンドルを急に切っているから(自分ではそのつもりはないのですが)

といったあたりが理由と思っています。
誰でもスイスポだと簡単に三輪走行できそうです。

リンクさせていただいている「中古ボクスターで楽しもう」「夏への扉ボクスター日記」で恥ずかしい動画が、「銀亀親子の生活通信」で画像が見ることができます。


f0091448_22465074.jpg

上はがんばっている、ふみのすけさんのボクスターS。
[PR]
by mokumokutibita | 2006-11-21 22:37 | サーキット | Comments(16)
オーバルレッスンリベンジ(その1)
土曜日に富士スピードウェイのジムカーナコースを使った「ユイレーシングスクール」のオーバルレッスンに参加してきました。

f0091448_022552.jpg

興味を持って参加してみようと思った方、過去に参加されてみて再度参加された方など含め10台近くのポルシェ仲間が集まりました。
また参加はされなかったものの応援?に来て頂いたサプライズゲストの方々もいらっしゃってとっても盛り上がりました。
みなさまありがとうございました。
f0091448_011469.jpg


前回参加してみての感想は「頭でわかっても本能がそうさせず、体が勝手に動いてしまう」ということでした。
今回参加してみての感想を最初に言ってしまうと、「少しわかってきたのでもう少し練習させてくれ」といったところです。

富士ともてぎでは若干オーバルのサイズが異なり、富士の方が少し小さめでした。
そのためかカリキュラムはもてぎの時と少し異なりました。
省かれたのは、「ドライビングポジションの確認」「二列に並んでの一定走行」「アウトインアウトを使った走行」「模擬レース見学」です。
逆に追加されたこととして「右周り走行」がありました。

一回参加すると最初のイーブンスロットルは比較的楽になりました。
しかしトレイルブレーキはやっぱりうまくできません。やっぱり踏み始めのポイントが奥すぎるのです。
そこで途中インストラクターがやった見せてくれたポイントを記憶し、ブレーキポイントだけは同じにしました。ブレーキも軽くかけているつもりです。
しかし途中、先生から「みんな大体うまくできている。だけどmokuさん、だめだよ三輪で走っちゃ。タイヤをもう一個使わないともったいないよ。」と言われました。
私は何のことを言っているのか意味がよくわかりませんでした。
三輪走行の感想については次回に持ち越します。
f0091448_044634.jpg

上の画像は「ザ対決 セイウチさん対todayさん」です(笑)。
[PR]
by mokumokutibita | 2006-11-20 00:02 | サーキット | Comments(28)
うちのチビタ
今度のボクスターの内装はナチュラルブラウンという色ですが、この色にした理由の一つに数年前まで飼っていた犬の色に少しだけ似ているということもありました。
犬の名はチビタでmokumokutibitaのtibitaはここから取りました。
チビタは15年ほど共に生活しましたが、寿命で数年前に天国へ行ってしまいました。
一言で言うならとってもやさしい犬でした。雑種ですが、耳が大きいのが特徴です。

すごいところは、同じ車種、同じ色でも自分の家のクルマだけはエンジン音でわかることです(笑)。しかしチビタはクルマに乗ることが嫌いでした。車内では座ることができず、停止中を除いてずっと立っていないと嫌なようです。
f0091448_2249380.jpg

ある日、100キロほど離れた祖母の家にチビタをフェアレディに乗せて連れて行ったことがあります。チビタには初めて行く所です。
祖母の家には車庫がないため、私は数百メートル離れた所に路駐しました。
祖母の家はマンションで、チビタを紹介し、ひと休みした20時頃、散歩に行きました。
国道を越えた所に小学校がありました。誰もいないことをいいことに校庭に入り、校門を閉め、チビタを放して遊ばせていました。
暫くして口笛吹いて呼んでみたのですが、応答がありません。いつもはすっとんできます。
仕方なく探しに行ったのですが、どこにもいません。校門は閉めたので校内にいると思うのですが、いくら探してもいません。
こういうことはよくあることで、呼んでいればそのうち現れることが多いのですが、自宅近くではないので心配になってきました。
30分も経つと私は走って探しました。学校内にはいないと認めざるを得ません。どうやって出たのかは不明です。
「まさか100キロ先の自宅に向かって歩きはじめた?」とか考えはじめました。
祖母の家に戻ってもマンションだし、一度しか行っていないし、やっぱりチビタは帰ってません。
近くには国道もあり、轢かれてしまったのではないかなどいろいろ考えて探しました。
犬のいる家や食堂の近くなど探しまくりましたが、2時間以上探しても見つかりませんでした。

途方にくれていると、そこで「はっ!」とあることに気づきました。
案の定「そこ」にチビタはいました。
「そこ」とは私のフェアレディの前です。そこでずっと待っていたようです。
なるほど、ここにいれば確かに私と必ず会えます。一本取られた思いです。
チビタは尻尾を振っていましたが、私はその時笑顔だったのか、怒ってしまったのかはよく覚えていません。
フェアレディにはかなり感謝しました(笑)。

一番あせった思い出が、唯一チビタとクルマが絡んだ出来事でした。
親ばか的な話ですみません(笑)。
[PR]
by mokumokutibita | 2006-11-16 22:52 | 987 | Comments(16)
蘇えった? スイフト
蘇えったと言っても壊れていた訳ではありません。

まず、洗車をしました。
その後、某カー用品ショップへ行きました。お目当ては「アライメント調整」です。
レンタカーと自分のスイフトの直進安定性に差があること、高速からフルブレーキするとハンドルかなり取られること、そもそも中古車であることなどからスイスポのアライメントをずっと疑っていました。

店員にいろいろ聞いてみると、値段は二万円弱でした。
症状を聞かれ、直進安定性がイマイチであることなど説明しました。
店員 「100キロでまっすぐ走りませんか?」
私  「100キロだと問題ないですが、160キロだとすごく怖いです、ステアリングの振動もあり   何とかしたいと思ってます」
店員 「えっ、この車で160キロ出すのですか?」
一瞬、アホじゃないかという顔をしていたのを私は見逃しませんでした(笑)。

店員 「調整しても変わらない可能性もあります」
私   「賭けみたいなもんですね、狂っている方に賭けますのでお願いします」

待つこと二時間・・・・その間、待合室にあったイニシャルディーを読書(笑)。
いいところだったのに呼ばれたので読書は終了しました。

メカニックの方からカルテのような紙をわたされ、いろいろ説明してくれました。
専門用語の意味不明の点や「調整できるところは調整しました」というちょっと意味深な言葉もありました。
メチャクチャ狂っていた訳でもなく、調整の範囲は「並」だったようです。
大まかに言うと、タイヤを車の横から見たのがキャスター角(ちょっと違いますが)、上から見たのがトー、前から見たのがキャンパーというくらいの知識はありました。この中で一番変えたのがキャスター角のようです。この三つの他にもいろいろ書かれていました。左右でホイールベースが12ミリ違っていたことは意外でした。
帰宅途中、50キロ程度でもなんか違うことは体験できました。ステアリングがどっしりしています。なんとなく期待できそうです。
肝心の160キロでは・・・・これはサーキットで試してみます。
[PR]
by mokumokutibita | 2006-11-14 18:54 | その他の車 | Comments(14)


by mokumokutibita
プロフィールを見る
画像一覧
最新のコメント
ryoさん、先日は10年..
by mokumokutibita at 21:11
先日はありがとうございま..
by ryo at 09:16
監督、ご無沙汰しています..
by moku at 21:58
今日は行かれてたんですね..
by Nine_Nine_One at 15:37
非公開さん、ご無沙汰して..
by mokumokutibita at 21:49
パンダさんこんばんは。 ..
by mokumokutibita at 22:59
こんばんは。 〇..
by cayman987 at 23:52
ぱんださん、こんばんは。..
by mokumokutibita at 00:19
こんばんは。 なかなか..
by cayman987 at 23:35
ふみのすけ先生、こんばん..
by mokumokutibita at 22:43
お気に入りブログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.com
from venusgood.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
2年ぶりのスクール<やっ..
from 五感を覚醒せよ
ドイツ車
from ドイツ車
ボクスター987納車オフ..
from 戦闘的に走れ!
インプレッサ買取相場について
from 中古車見積って意外と簡単
ライフログ
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧