ランランラン

赤ケイマンGTS、青BRZに乗っているmokuです。車関係の話がメインですが、間違っていても大目に見てくださいませ。
<   2006年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
スイスポでボクスターを追う。
僕星団の方々と「那須ワールドモンキーパーク」へ行ってきました。
世界のいろいろなお猿さんがいて、ショーではとても感動しました。猿だけでなく、フラミンゴやイノシシのショーもやっていました。

猿のショーの写真はタブーなので、写真映えするフラミンゴの画像です。こういう平和的な画像の登場は初めてです(笑)。
f0091448_06392.jpg

f0091448_00322.jpg

ポルシェが数台写っていますが、無意識のうちに左側の仲間らしきクルマのところへスイスポは行きたがります(笑)。

その後、那須周辺の道をたくさん走りました。
ポルシェの列は絵になるので割り込まないよう後ろを走っていましたが、追うのは大変です。
スイスポで走るとボクスターは怖い存在感があります。ボクスターでカレラGTの団体に入るのと同じような、いやそれ以上の雰囲気があります。
山でうねっている道など前のボクスターがそのまま通っても、スイスポは跳ねたりして怖いし、高速道路もボクスターよりもかなり疲れます。ついていこうと思えば、ついていけないこともないのですが、ものすごいプレッシャーです。
もう今後は、ついていくのはやめることにします(笑)。
f0091448_01150.jpg

マセラーティ3200GT?
山頂付近は濃霧。バスの後ろはすべてボクスターなのですが、ピンボケでテールライトがみんなマセラティ3200GTのようになってしまいました。なんか笑っているようですね。
[PR]
by mokumokutibita | 2006-10-29 00:01 | その他の車 | Comments(8)
メタリックカラー
もてぎのレッスンは13時終了でしたので午後はかなり自由に行動できました。ただし開始は7時半からです。
もし9時半から始まって昼食1時間とって、と考えると終了は16時になるので講習時間は半日とは思えない内容でした。
一つ言い忘れましたが、オーバルはすべて時計の反対周りなので右の前タイヤだけやけに減ります。とうとう残りを示す位置にあるサイドウォールの△マークが消えてなくなってしまいました(笑)。

レッスン終了後、PCに行きました。そして以前からやってみたかった「サンプルカラー撮影」を行いました。ただ普通に撮るよりもストロボを使って、端っこはどれもただの黒のようになってしまいますので、ストロボの当たっている真っ白に光っている部分の周辺をチェックするのがおもしろいようです。カタログよりは参考になると思っているのですが、「ちょっと違うよ」と言う意見もあるかもしれません。画像はメタリック色のみです。
ただしスレートグレーはどこのPCにもありませんでした(悲)。

まずは緑系から、ダークティールメタリックです(下)。私の知人でこの色の方がいます。
f0091448_2254612.jpg

次はフォレストグリーンメタリックです(下)。ボクスターでは見たことがないのでちょっと興味ありです。
f0091448_2295045.jpg

これは以前にも掲載しましたが、私の購入色なので再度、ダークオリーブメタリックです(下)。
f0091448_2211224.jpg

なぜか写真にすると意外に粒子が写らなかったカルモナレッドメタリック(下)。
f0091448_22113310.jpg

青系に入ります。まずはコバルトブルーメタリック(下)。青系はどの色もどこかの星雲のように見えます。
f0091448_22115849.jpg

だんだん濃くなります。ラピスブルーメタリック(下)。
f0091448_22121819.jpg

odosiotareさんのミッドナイトブルーメタリック(下)。
f0091448_22123856.jpg

次は銀系です。まずはGTシルバーメタリック(下)。
f0091448_2213305.jpg

セイウチさん、jzpowerさんご選択。一番人気のアークティックシルバーメタリック(下)。
f0091448_22134850.jpg

まだこの色の車を見たことがありません。メテオグレーメタリック(下)。
f0091448_2214953.jpg

実車はもうちょっと紺ぽく見えます。アトラスグレーメタリック(下)。
f0091448_22143354.jpg

最後は青い粒子も少し入っているよう気もする、todayさんご選択のバサルトブラックメタリック(下)。
f0091448_2214519.jpg

以上、1色を除くOPカラーでした。
[PR]
by mokumokutibita | 2006-10-18 22:14 | オプション | Comments(16)
オーバルレッスン参加その2 「車で遊ぶのは楽しい」
先生にいろいろ言われてもうまくできず、体が勝手にブレーキを踏んでしまいます。これは参加者のほとんどの人が同じようです。
まず、トレイルブレーキというのはコーナーでCPにかなり近いところまでステアリング切りながらブレーキングをするということなのですが、どうしても直線でドーンとブレーキを踏んで、ステアリング切って、アクセルをだんだん踏むというスタイルになってしまいます。ブレーキは直線のみということです。
考えてみれば公道の交差点はすべてこの走行方法と思いますので、体に染みついてしまっています。
我々は直線でスピード落とし、その後のアクセルでコーナーに対してのスピードを調整しているように思うのですが、インストラクターの方はブレーキで進入速度を調整しているように思いました。
「イーブンスロットル」という言葉を前回言いましたが、これは荷重移動させずにずっと各タイヤが負担している重さを変えないで走るというようなことと感じました。ずっと同じ速度で走るのとどこが違うのかと聞かれても、現状ではうまく説明できません(笑)。

私たちはひたすらオーバルコースをインベタで回り続けました。最初は目が回ってしまいましたが、何度もやっていると慣れてきます。
途中インストラクターが私のスイスポに乗り、手本を見せてくれるのですが、とってもスムーズです。とってもやさしく扱います(他人の車だからかも 笑)。
ブレーキをかける地点も私とはかなり違います。確かに私の運転は荒っぽいと感じさせます。
彼はものすごく微調整がうまいです。それに比べれば私のはドーンと踏んで、スパーンと切ってドーンとまた踏む・・・・自分ではそうしていないつもりなのですが、荒いのは認めざるを得ません。
私のに乗ったインストラクターは20才そこそこに見えたのですが、いろんなクルマにいきなり乗ってそれなりの走りをするところ、ちょっとクルマを褒めてくれるところなどさすがでした(笑)。

その後、ローリング走行というのをしました。
下の画像を参照してください。
f0091448_212877.jpg

これはオーバルコースを2列になって10台くらいで走るというものです。内側のクルマは割と余裕あるのですが、外側のクルマはかなりコーナーでがんばらないと内側のクルマに遅れをとってしまい、列が乱れます。これはリズムが大切と思いました。
よく「アウトから抜く」なんて聞きますが、アウトから抜くなんて無理と実感しました。
アウト側の方がかなりスピードを出さないとイン側のクルマにはついていけません。あたり前のことなんですが、このことは想像以上で、身をもって体験しました。
この練習は周囲にも気を配る練習ということでした。

そしてインストラクターによる模擬レースを披露してくれました。小さなコースにクルマがうじゃうじゃです。ぶつけもせずうまくバトルするもんだと感心しました。これはお互い信頼関係がないとできないと思いました。その画像は下の画像です。

f0091448_21332712.jpg

そして最後はフリーに走らせてくれます。ここではじめてアウトインアウトの走行ができました。
これは正直楽しかったです。時間差を設けて二台のみで走るので安全でもあります。
ここでは自分がどのくらいまでコーナーを攻めているのか音で少しわかりました。
車内ではかなりタイヤのスキール音がしています。スキール音は他の人よりも大きいと感じていたのですが、セイウチさんが言うには他の人の方がもっとしているとのことでした。そこでもう1段階スキール音を大きくしたのですが、それで並くらいのようです。
車内で聞く音と車外で聞く音にはかなり差があるようでした。

周回はタイムが計測されているのですが、直線でボクスターだと100キロは出ているようですが、私のスイスポは90も出ていません。よってほとんどどんべでした(悔)。
f0091448_21341425.jpg

写真=セイウチさん

走行終了後、まとめのお話があるのですが、私のサーキットの楽しみ方の否定的なお話がありました。「サーキットでタイムを追いかけるよりも、仲間で競ってレースをした方がドライビングが大きく広がる」というものでした。
おっしゃっていることは、ごもっともと思います。しかしスイスポならともかく、ポルシェでは難しいです。富士に行って他の走行している人のことなんて私は信用できません(笑)。
ロードスターの参加者が異常に多かったのもこのあたりに理由がありそうです。私もロードスター欲しくなりました(笑)。
f0091448_213987.jpg

写真=セイウチさん

参加者の内、6割以上はリピーターでしたが、私もリピーターとなることとしました(笑)。
そして今回参加者のレベルはなかなかと感じました。タイヤを鳴らすことに慣れていないという方はいなかったように思いました。
同じところをぐるぐる回るだけなんて・・・と甘く見ていましたが、実に奥が深いです。
中学のときに部活に入って基礎から・・・その時代を思い出しました(笑)。

最後にまとめの感想ですが、運転の仕方がどうこうと言うよりも「クルマで遊ぶ」のはやっぱり楽しかったです(笑)。
[PR]
by mokumokutibita | 2006-10-16 21:32 | レーシングスクール | Comments(18)
オーバルレッスン参加 その1「背が高いのは私だけ」
昨日、ユイレーシングスクールのオーバルレッスンに参加してきました。私の誕生日にわざわざ開いてくれて感謝しております(単なる偶然)。
参加はいつもサーキットへいっしょに行くサトウ君、そしてセイウチさんもいっしょです。

朝がとっても早いので前日は仕事休みました(暇な時期なので)。前日にABへ行ってタイヤの前後ローテーションをしました。自分でやろうかと考えましたが、1500円ならとやってもらいました。22時に寝たのですが、やっぱり寝付けません。うとうとしている内に目覚ましが鳴りました。
開催地は「もてぎ」です。初めて行きましたが、規模は富士以上で当然ですがホンダ色が強いです。
到着するといろいろなクルマがいます。三代のロードスターはたくさんいました。他にアウディTT、M3、930、997、スカイライン、RX7と8、S2000、Z、エリーゼ、MR2、インプレッサ、インテRなどでやっぱりそれなりのクルマが多いです。
その参加車輌の中で一台だけ妙に背の高い小さいのが一台いました。場違いな雰囲気を出しているそのクルマは黄色のクルマでした(笑)。
f0091448_1811993.jpg

画像upは久々です。
サーキットと言ってもジムカーナとかをやる広い場所にパイロンをたくさん立ててのレッスンです。まずはお決まりの座学から始まります。吉田さんの講義は横軸に○○、縦軸に○○といった説明が多くとっても理論的です。
まずはイーブンスロットルとトレイルブレーキというのを教わりました。
座学が終わり実技開始となると、初参加と経験者の2グループに分かれます。
一周400メートルくらいのオーバルコースです。最初は40キロで回り、45キロで回り、とだんだん速度が上がってきます。するとタイヤも少し悲鳴をあげてきます。悲鳴を最初にあげたのはやっぱり黄色の背の高いクルマだった気がします(笑)。
FMラジオをある周波数にセットしておいて、それでアドバイスをいろいろ受けるのですが、高い場所から見ている吉田先生はすごかったです。
「佐藤さん、ブレーキ強すぎ」「mokuさん、もっと肩の力抜いて」とか名前でちゃんと言ってくれます。運転している人の状態は見えないと思うので車輌の状態から運転手の状態を推測しているはずなのですが、さすがと言うかびっくりしました。
言われることは、おもしろいことに誰でも似通っています。みんなの常識が違っていたとも言えると思います。
私もいろいろ言われました。言っていることはわかります。
頭では理解しました。しかし、体が・・・いや本能が・・・    つづく
f0091448_18235340.jpg

[PR]
by mokumokutibita | 2006-10-15 18:25 | レーシングスクール | Comments(14)


by mokumokutibita
プロフィールを見る
画像一覧
最新のコメント
パンダさんこんばんは。 ..
by mokumokutibita at 22:59
こんばんは。 〇..
by cayman987 at 23:52
ぱんださん、こんばんは。..
by mokumokutibita at 00:19
こんばんは。 なかなか..
by cayman987 at 23:35
ふみのすけ先生、こんばん..
by mokumokutibita at 22:43
非公開さん、こんばんは。..
by mokumokutibita at 22:37
白カメレオンさん、こんば..
by mokumokutibita at 22:33
こんばんは。 なん..
by fuminoske at 20:01
もくもくさんこんばんは(..
by siro-chameleon at 00:50
監督、10月に転勤で戻っ..
by mokumokutibita at 23:03
お気に入りブログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.com
from venusgood.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
2年ぶりのスクール<やっ..
from 五感を覚醒せよ
ドイツ車
from ドイツ車
ボクスター987納車オフ..
from 戦闘的に走れ!
インプレッサ買取相場について
from 中古車見積って意外と簡単
ライフログ
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧