ランランラン

赤ケイマンGTS、青BRZに乗っているmokuです。車関係の話がメインですが、間違っていても大目に見てくださいませ。
カテゴリ:メンテナンス( 43 )
初もぐり
初めて潜ってみました。
潜ってみたのは、海の中
ではなくて車の下です。

私のBRZ、車検から返ってきたものの、車高の関係でアンダーカバーがはずされたままであり、そのカバーはトランクに入ったまま。
必ずしも取り付けなければいけないものではないものの、邪魔だしいくらか空気抵抗も低減されるはずなので、取り付けしてみることにしました。

しかし、このパーツ付けるのって車の下にもぐらなければならず、私の持っている工具関係では無理。

そこでガレージハウスに住む友人宅に行ってまいりました。
彼のガレージには、インパクトレンチ含め工具も豊富だし、彼自身もかなりの知識があるので心強いです。

f0091448_23235486.jpg

結果から言うと・・・・
たかがカバー装着と舐めてました。
結構大変で、一人では無理でしたし、「これどこに付ける部品だ?」なんてこともしばしば(汗)。

大きなカバーは二つで取り付け場所はわかりやすいんですが、意味不明のプラスチックの部品も二つはずされていて、それがどこに付けるものなのかさっぱりわかりませんでした。
二つってことは左右ということなんだろうけれど・・・

幸いなことに友人もBRZオーナーなので、友人のBRZにももぐってどこの部品なのか確認しながらの作業でした。
その結果、タイヤをはずさなければならないことがわかり、予想よりも大がかりなことに・・・

また、下にもぐっての作業って、下から部品を押さえつけることが必要で、手が二本では足りないことも何度かあり、手が三本以上必要な場面も・・・
一つの部品ならまだしも、二つの部品押さえてネジを回すとなると完璧に無理(笑)。

下にもぐってカバー付けてネジで止めるだけと思ったものの、予想以上に大変でした。
手伝ってもらいながらやって90分。

工具(主にジャッキと馬)があっても一人では、すぐにギブアップしていたでしょう。
初めて車の下にもぐって作業しましたが、初心者にはなかなか厳しいものがありました(笑)。

[PR]
by mokumokutibita | 2017-10-01 23:39 | メンテナンス | Comments(6)
ポルシェのタイヤの不満 その④ 耐久性
今回が不満シリーズの最後です。

最後はやっぱり減りが早いな~ってことです。
これはどのメーカーも多分同じだと思うのですが、最近の傾向である大きなホイールと扁平タイヤの耐久性に不満を感じています。
17インチくらいまでは問題ないものの、18を超えて19以上とかになるとかなり耐久性が落ちてきて、1万キロちょっとしかもたないことが多いです。
酷使せずに、一般的な使用をして大事に使っても減りが早いので困りものです。
トレッドウェアの数値もあまり役に立ちません。
私が最初に買ったボクスターは、17インチでしたが、今の20インチケイマンと比較して倍近く耐久性があったように感じます。
これだけ減りが早いと、減りが早いとされるサーキット系ラジアルタイヤと減りの早さは変わらないでしょう。

カイエンやマカンのオプションの大きなタイヤもいっしょで1万キロしかもたないようです。
ボクスターSで19インチを3セット、ケイマンで20インチを1セット使い切りましたが、耐久性は次のとおり。

ポテンザRE050 19インチ(Nタイヤ)前後平均16000km
ピレリPゼロ 19インチ前後平均12000km
ピレリPゼロ 19インチ(Nタイヤ)前後平均12000km
イーグルF1アシンメトリック2 20インチ(Nタイヤ)前後平均13000km
※前後平均値なので後タイヤは、そこまでもちません。

意外にこの中で一番酷使したのは、ポテンザだったりします。
1万キロでタイヤ終了、そして交換費用20万というのは、ガソリン代以上になってしまう可能性が大いにあります。
お財布のためにもエコのためにも、もう少し耐久性のあるタイヤを採用してほしいものです。

スポーツカーであっても最近はかなりエコを重要視して燃費とかは良くなっているものの、どういう訳かタイヤに関してはエコと逆行しているように見えます。

[PR]
by mokumokutibita | 2017-07-13 23:20 | メンテナンス | Comments(2)
ここが不満!ポルシェのタイヤ その③新しいのがない
続いてタイヤの不満シリーズです。

ポルシェのタイヤって前回も話ましたが、純正のNタイヤ以外ほとんど選択肢がありません。

そしてそのNタイヤって「新しいモデルのがない」のです。

どういうことかと言うと・・・

どこかのタイヤメーカーが、ポルシェで採用しそうなモデル(パイロットスポーツとかスポーツコンタクト等)を新しくリリースしたとします。
私はこういった場合、すぐにサイズ表を見てみます。
メルセデスのM
フェラーリのK
BMWの☆
これらは、ポルシェのN同様、車メーカーの承認タイヤなのですが、MK☆はサイズ表にあっても、いっつもNはありません。

そして数年後にやっとNがリリース。
しかしリリースされたものの、既にそのタイヤはモデル末期を迎えており、すぐに新しいモデルにチェンジ。
新しいモデルには当然Nはありませんし、Nなしでもサイズが用意されてなかったりします。

ブリジストンポテンザS001、グッドイヤーイーグルF1アシンメトリック2とかはまさにこのパターン、ピレリP-ZEROもNが出るまで3年近くかかってましたし、最近モデルチェンジしたP-ZEROには純正サイズはあるものの、Nタイヤはありません。(これらは日本でのことで海外だと事情は違うかもしれません)


f0091448_23233949.jpg

確かにNタイヤは入念にテストして、リリースまで時間がかかっているのかもしれませんが、それならリリース前からタイヤメーカーと共同でテストして、他のメーカーのようにもっと早くリリースして欲しいものです。

いつも思うのですが、純正のNタイヤだと、モデル末期とか型遅れモデルのタイヤしか買うことが出来ません。

モデルの古いNタイヤと新しいモデルのNなしタイヤ、さてどちらにするか?(ピレリP-ZEROはまさにこのパターン)ということは結構悩む問題ですが、個人的には最新技術の詰まったタイヤに勝る性能をNタイヤが有しているとは思えません。

いろいろ事情があるのかもしれませんが、このあたりはぜひとも改善をしてほしいものです。



[PR]
by mokumokutibita | 2017-07-09 23:24 | メンテナンス | Comments(2)
ここが不満!ポルシェのタイヤ その② インチ
タイヤの不満その②なのですが、タイヤ径というかホイール径が大きすぎると感じます。
ケイマンSはノーマル19、オプションで20インチです。
GTSやGT4はノーマルで20インチ。
街で見かける現行のポルシェって20インチ率かなり高いです。

しかし20インチって、もはやスーパーカー級で、かなりの特殊車両になります。
BMWのM4でも確かノーマルで18インチです。

大きすぎるタイヤの問題は、価格もそうですが、タイヤメーカーが追従してこないということです。
新しいタイヤがリリースされても、20インチがあるのは稀です。特に国産スポーツタイヤが全滅。
そもそも国産タイヤメーカーは径の大きなタイヤの生産に消極的に感じます。
結局純正のNタイヤから選ぶだけになりがちです。


f0091448_00301757.jpg

ポルシェはたくさんサーキット走っているのに、サーキットに強い国産スポーツタイヤは用意されてません。
走っている人たちは、皆さんサイズを変えています(インチダウンが主流)。
国産タイヤメーカーもだんだん大きいのを作ってくれてはいるものの、ポルシェはそれ以上に大きなインチを採用してくるのでいたちごっこです。

それに径がスーパーカー級だから、タイヤの値段もスーパーカー級です。
800万の車のタイヤ代が3000万のスーパーカーとそう変わらないというのは、オーナーにとっては結構厳しいものがあります(汗)。

スバルのBRZも使っている身としては、タイヤ代は倍で減りも倍、つまり同じだけ使うと4倍かかっているように感じます。

インチアップは問題はポルシェに限らず、どのメーカーも似たようにインチアップしていく傾向にありますが、個人的にはポルシェが先陣を切っているように見えます。







[PR]
by mokumokutibita | 2017-07-09 00:31 | メンテナンス | Comments(4)
ここが変だよポルシェのタイヤ  その① 珍サイズ
ポルシェ以外で不満を感じたことがなく、しかしポルシェでは大きく不満を感じるものがあります。

それは「タイヤ」です。

ず~っと以前から、ポルシェのタイヤにはいろいろ不満(主に選択肢がない)があったのですが、今回はシリーズでまとめてみました。
「他にない珍しいサイズばかり」「インチアップしすぎ」「新しいタイヤがない」「減りが早い」と4シリーズ完結なのですが、何度かブログで書いていることもあり、少し重複していることがあるかもしれません。
このブログ、どういう訳かタイヤネタで閲覧する人が多いようで、シリーズでまとめて(まとまってないけれど)みました。

私のタイヤに対する不満は、大きく分けると二つに分けられ、それは「選択肢がないこと」と「高いこと」のようです。

まずは「その① 珍サイズ」です。

ポルシェのタイヤサイズ、前後のどちらかは他の車種で使っていないような珍しいサイズです。
これは今に始まったことではなく、ずっと前からのことで、早い話、「そのサイズ、使っているのはポルシェだけ」ということです。

911カレラS以上であれば、FやLをはじめスーパーカーのサイズとほぼ同じなので選択肢は少し多くなるのですが、ノーマルの911カレラ以下のモデルだと選択肢はほとんどありません。

珍サイズの特徴は、「径が大きいのに細い」ということです。

986時代は前のタイヤサイズがなかなかありませんでした。
205/50/17って珍サイズで、そもそも17インチで205って細すぎで、215から用意されていることが多いのです。

987時代と981時代はいっしょで、リアの265/35/19、もしくは265/35/20は径の割に細すぎるんです。
20インチであれば285くらいから用意されていることが多いのです。
20インチだとフロントも細く、245から用意されることがほとんど。

可能であれば、19インチで前245/35/19、後285/35/19とかにして欲しかったです。
これだと結構選択肢あるんですよね・・・
そして20インチだったら245/35/20、後285/35/20あたりでセッティングして欲しかったです。

f0091448_23024642.jpg

どうして、どこも使わないサイズを採用するのでしょうかね。
メーカーに聞くと「テストしてベストなサイズを採用しただけだ」とか言われそうですが、どこも採用しなかったらタイヤメーカーはなかなか作ってくれません(悲)。

これは私の想像なのですが、「純正タイヤ以外使ってほしくない」という思いが強いのではないかと想像しています。
ケイマンやカレラであれば、ピレリのP-ZEROあたり、GT3やGT4であればもう少しグリップのいいミシュランのパイロットスポーツカップあたりが純正で用意されており、それら以外は使ってほしくないために独特なサイズにしているようにも感じます。

[PR]
by mokumokutibita | 2017-07-07 23:03 | メンテナンス | Comments(2)
パナメーラターボ試乗とタイヤ交換
【パナメーラターボ試乗】

何でも私のケイマンの音響システムがリコールらしく、調整のためディーラーに行ってきました。
この問題は、BOSEのシステムだけ対象のようでした。

ディーラーでは、丁度新型パナメーラのイベントを開催していて、とても賑やかでした。
待っている間、せっかくだからとパナメーラを試乗させてもらいました。


f0091448_18525419.jpg
しかもターボ!
ディーラー試乗では人生で一番の高額車。
エンジンかける時、キー要らないとか、シフトレバーの操作が今までのポルシェと違うとか、動かすことに少し苦戦しました(汗)。
f0091448_18530929.jpg

動き出せば、ボディはがっちり、中は静か。
アクセルをひと踏みすれば、エンジンぶん回してがんばらずとも、強烈に加速していき、後ろの車との距離が異常なほどに・・・
こちらはがんばっているつもりはないのに、外から見れば強烈にダッシュしているように見えるといった感じでしょうか。
ターボ車なので、加速感はどことなく日産のGTRとかと似ている気もしますが、車内は平和そのものです。
深々とアクセルを踏むと、笑ってしまうほど強烈な加速なのですが、やっぱり車内は平和です(笑)。


f0091448_18532224.jpg

コクピットから見える風景は、いつものポルシェと似ていて、予想していたよりも大きさを感じませんでした。

内装も今ふうのタッチで、スイッチ一つ一つに高級感を感じました。
試乗後、自分のケイマンの内装を見ると、あまりの差にトヨタで言うなら、カローラとクラウン、いやそれ以上の差に感じました。
f0091448_18525641.jpg
オーディオの音もすばらしい。

正直、気に入ってしまいました。
難点は後席の頭上空間で、185cmの人とかだと厳しいかもしれません。
この点はマカンのほうが余裕がありました。

この車、高くて私には買えませんが、仮に買えたとしても、まず先に「この車がマッチするライフスタイルが欲しい」のが本音です(汗)。


【ポルシェバイク】
ディーラーには、ポルシェの自転車が展示されてました。
今までは単に「すごいな~」としか思わなかったのですが、4カ月前に他メーカーの同じスタイルの自転車を買った身としては、その差に驚くばかりでした。

f0091448_18531245.jpg


車と同じで、すごく作りががっちりしていて骨太。
私のもフレームはアルミなんですが、ポルシェバイクと比較してしまうと、私のは雰囲気的にポキッと折れてしまいそうに見えます。
ポルシェバイク、フレームがカーボンだからか、骨太なんだけど超軽いです。
タイヤも私のほうが細いし、見た目私の自転車のほうが軽く感じるんですけどね~

f0091448_18531574.jpg
ホイール、スプロケット、ブレーキ、ハンドル、フレーム等々のパーツどれをとっても私の自転車とかなりの違いに驚くばかりでした。

私の自転車もかなり奮発して買ったつもりなのでがね・・・


【ケイマンのタイヤ】
ケイマンのリアタイヤを交換しました。
前はもう暫く使用します。
銘柄は今までと同じもので、「グッドイヤー イーグルF1 アシンメトリック2」。
カタログに載っている品物ではなく、ポルシェ認証の「N0」のものを購入。
Nがあると、1割以上高くなるのがちょっと納得いきませんでしたが、割と早く入手できました。
f0091448_18533959.jpg
それにしても廃棄するリアタイヤ、やたらゴムが剥離しているのが気になります。
経験上、国産タイヤのほうが剥離しにくいようにも思いますが、どうなんでしょうね~

タイヤを交換すると、空気圧モニタリングシステムが妙な表示をしてました。
f0091448_18533227.jpg
とりあえず、何でも「学習する」ことはいいことです(笑)。
先日、BRZの普段履きタイヤ4本交換し、今回ケイマンのリアタイヤを交換、次はBRZのアタック用のタイヤを4本交換する予定で、秋頃にはケイマンの前タイヤの交換でしょうか・・・・

今年はタイヤ代に泣いております(悲)。


[PR]
by mokumokutibita | 2017-03-12 18:57 | メンテナンス | Comments(0)
最低地上高
BRZの鉄ホイールについたタイヤをはずし、アルミホイールに装着すべく、「タイヤ持ち込み」で検索してみました。
近所で安くやってくれる店を発見。
4本タイヤ積んで行ってみると、そこはガソリンスタンド兼修理工場の会社でした。

早速、交換をお願いすると予期せぬ言葉を言われました。

「この車、車高が低くて当社では交換できません」

この車高では車検に通らず、そういう車は取り扱いできないということらしいです。

私のBRZの車高は、スバルディーラーでアライメント含め調整してもらったのですが、当然ディーラーでは車検に通らない設定はしてくれません。
その時私は、「車検に通る範囲で低くしてほしい」とお願いしており、おかしいなと思いつつ、二つのことを思いつきました。

一つはタイヤが減って車高が低くなったということです。
同じサイズの同じタイヤでも、減ったタイヤと減っていないタイヤとでは、少し直径が異なります。

もう一つは、サスが経年劣化で少し車高が低くなったという可能性もあります。

面倒臭いな~
と思いつつ、サーキットタイヤを履いて、二往復して8本を運び、そして車には「装着」せず、単にタイヤホイールだけを持ち込み交換するという方法を選択しました。よって車への装着は自分でやることになります。

今年はBRZの車検を控えているので、その際は新しいタイヤでないとちょっと厳しいかもしれませんね。



[PR]
by mokumokutibita | 2017-02-19 20:31 | メンテナンス | Comments(0)
BRZのメンテナンス
連休はほとんど運転せず、BRZのメンテの二日間でした。

最近は、BRZのメンテナンスに時間を費やすことが多いです。

12月18日、エンジンオイル交換。
12月26日、フロントローター、フロントパッド、ブレーキフルード。
2月4日、ミッションオイル、デフオイル交換。
2月5日、タイヤ二本交換。

これだけ行うと、出費もかなりのはずなのですが、工賃は別として購入したのはブレーキフルードとミッションオイルのみ。

その他は、在庫として持っていたので、それほど出費はかかりませんでした。(それ以前にかかってますけれどね)

これで在庫はエンジンオイル4リッターのみ。
こういうのは、安売りセールの時にまとめて買うことが多いです。

今回終了となったタイヤは、純正のヨコハマデシベルというタイヤですが、12000キロほどで終了となりました。
本来はもっと長持ちするのだと思いますが、街乗りだけでなく結構サーキットとかでも使ってしまったので、予想よりも早く終了。
このタイヤ、実はもう1セット(6000キロ使用のもの)持っているので、とりあえず同じタイヤを使用します。

f0091448_21412728.jpg
これがデシベルなのですが、左が6000キロ使用のもの、右が12000キロ使用のものです。
右は画像だとまだ使えそうにも見えるのですが、スリップサインとトレッドはほぼ同一です。
左のタイヤは鉄ホイールに装着されているので、はずして右のタイヤの純正アルミホイールに付け替えたいところですが、面倒だからこのままでいいか?(笑)

鉄ホイールを普段履きにし、純正タイヤにはアジアンハイグリップなどを装着するのも検討中です。

[PR]
by mokumokutibita | 2017-02-05 21:50 | メンテナンス | Comments(2)
車のオイル
車っていろいろなオイルを交換する必要がありますよね。

ケイマンよりは酷使している、私のBRZの場合、年間エンジンオイルを2~3回、ミッションとデフを年間1回、ブレーキフルードは1~2回交換しています。

交換はカー用品店ですることもあれば、いろいろです。

オイルは余ることもあるので、出来ればどこにでも売っているオイルにしています。

エンジンオイルは、モービル1です。
モービル1は大体どこでも売っています。

しかし、他のオイルとなると、どこでも売っているメジャーなものって皆無に感じます。
エンジンオイルはあれだけたくさん店頭に置いていながら、他のオイルは2~3種類なんて状態も珍しくありません。
マニュアルが絶滅しそうな中、ミッションオイルの種類が少ないのは仕方ないようにも思いますが、ATのオイルの種類も少ないので、世の中「エンジンオイル以外は興味なし」といったところなのかもしれません。
まあ、エンジンは壊れたら高価ですからね。

大阪にいる時、デフとミッションは、某メーカーのものを使用していました。
大きなメーカーではないけれど、性能良さそうだし、種類が豊富だし、大手カー用品店では割と簡単に手に入りました。

しかし、このメーカーのもの、関東では皆無です。
日本一大きい、東雲の某カー用品店でも販売されてませんでした。

エンジンオイル以外のオイル、本当はたくさん種類があるものの、販売が安定していてメジャーなものがありません。
某店で勧められても、そこで来年も同じものを売っているかわからないので、安定した供給をしてほしいものですね。





[PR]
by mokumokutibita | 2017-02-03 23:56 | メンテナンス | Comments(0)
国産タイヤメーカーが心配
普通の一般人がタイヤを購入する際、「なんでもいい」と思っている人って多いのではないでしょうか。
4本買うとなれば、結構な出費となるはずで、「少しでも安く」と考えてもおかしくありません。

昔、タイヤと言えば国産タイヤを買うのが普通で、輸入車であればピレリやミシュランとかもメジャーです。

しかし韓国のタイヤが輸入され始め、次は台湾、そして中国とアジアンタイヤメーカーが日本に進出してきました。
値段は大体、国産>韓国>台湾>中国といった具合のようです。

最初は性能の点で国産タイヤの敵ではないと思っていたものの、韓国タイヤ(クムホ)はとうとうポルシェの認証にまでなりました。
そして韓国のハイグリップタイヤなどは、国産の同性格のものよりも同じか少し高かったりします。
私もクムホのハイグリップタイヤを使いましたが、非常に好印象でした。

台湾のタイヤのタイヤも使いました。
確かに性能はちょっと低いかもですが、180km出しても問題ないし、一般道であればこれで充分と感じました。

中国のタイヤは使ったことがありませんが、これも時間が経つにつれかなり性能が高くなってくるはずです。


アジアンタイヤは、雨の日大丈夫なのか?と心配もありますが、そもそも今流行りの国産エコタイヤだって雨に強くはないはずだから、似たようなものかもしれません。

問題は価格。
BRZで4本純正サイズを購入した場合、国産の一番高いので1本約28000円也(ポテンザ)。
純正銘柄のタイヤで1本18900円也(ミシュラン)。
国産の一番安いので1本14000円くらいです。

韓国タイヤだと1本11000円くらい。
台湾や中国だと1本7000円くらい。

4本買ったとすると、その差は28000円~112000円。
112000円のタイヤはハイグリップタイヤなので、国産と中国のハイグリップ同士で比較しても40000円~112000円といった具合。

ハイグリップでない普通のタイヤだと28000円~56000円の差といった具合。

これでものすごい性能差があれば理解できるのですが、一般の人だとまず性能差はわからないのではないでしょうか。

「わからないのであれば、安いのでいい」となっても不思議ではないというか当然のような気もします。
厳密にはウェット性能や、ブレーキ性能とかで差があるのでしょうが、一般的な使い方でその差を体感するのは困難です。

アジアンメーカーが上陸した背景には、インチアップしてきてタイヤ代が高くなりすぎたこともあるように思います。
また、アジアンタイヤ使用している人から「これはダメだ」という声もあまり聞かないので、これからの国産タイヤメーカーは大丈夫なんだろうかと心配になってきます。

今はまだアジアンタイヤが比較的手に入れにくいということもあり、それほどシェアをとられていないような気もしますが、ガソリンスタンドでも手に入れられるようなことになれば、かなりピンチとなるはずです。

また、そもそも日本では、タイヤが高いと感じます。

どんどんタイヤが大きくなるにつれ、どんどんタイヤ代が高くなり、どんどんアジアンメーカーが進出して、どんどん国産メーカーがピンチになっていくような気がしてなりません。





f0091448_23305189.jpg

[PR]
by mokumokutibita | 2017-01-05 23:17 | メンテナンス | Comments(2)


by mokumokutibita
プロフィールを見る
画像一覧
最新のコメント
cayman987 さ..
by mokumokutibita at 23:41
Zenobia_Beng..
by mokumokutibita at 23:32
おはようございます。 ..
by cayman987 at 08:04
mokuさん、承知しまし..
by Zenobia_Bengal at 09:47
Zenobia_Ben..
by moku at 00:01
直前のお知らせで申し訳あ..
by Zenobia_Bengal at 10:32
Zenobia_Ben..
by moku at 22:49
mokuさん、YRSお疲..
by Zenobia_Bengal at 00:10
Zenobia_Beng..
by moku at 22:37
YRS にお誘い戴きあり..
by Zenobia_Bengal at 16:19
お気に入りブログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.com
from venusgood.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
2年ぶりのスクール<やっ..
from 五感を覚醒せよ
ドイツ車
from ドイツ車
ボクスター987納車オフ..
from 戦闘的に走れ!
インプレッサ買取相場について
from 中古車見積って意外と簡単
ライフログ
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧