ランランラン

赤ケイマンGTS、青BRZに乗っているmokuです。車関係の話がメインですが、間違っていても大目に見てくださいませ。
カテゴリ:未分類( 89 )
どうでもいい話
どうでもいい話なのですが・・・

昔々、AE86に乗っていた時代、私の体重は60kgくらいでした。
その時は自分自身は「太らない体質」と思っていました。
しかし・・・
その次の次の車、Zに乗っていた頃は、多分65kgくらい
次のGTRに乗っていた頃は、多分70kgくらい
次の986の頃は、75kgくらい
次の987の頃はマラソンをしていたこともあって、75kgをキープ
ケイマンを買った頃は、82kgくらいと一気にアップ
人生で一番体重のあった時は、84kgくらいでした。
丁度大阪から東京に転居した時はこのくらいでした。

私は身長があるので、84kgでも太っているようには見えないのですが、このままだとさすがにやばい。
現に健康診断ではいろいろ問題ありすぎでした。

そこでいろいろやってみました。
その結果、今日現在は73.8kg(食事前)とかなり昔の体重に戻りました。

1年で丁度10kgくらい細くなったのですが、そのほとんどがお腹周辺で減ったように思います。

減らした原因は、以下のとおりです。

①ランチを毎日同じところで食べる(4kg減)
同じ場所でも意外と飽きません。大きな食堂といった感じで、日替わりで結構健康的なものが出てきます。

②生活習慣を変える(2kg減)
これは健康診断のカウンセラーの結構強い指示で、毎朝のコーヒーをブラックにする。朝食に菓子パンを食べない。チョコの摂取を控える。水分摂取はなるべく水にする。
これは継続しています。

③ハードな運動(4kg減)
実は中学の頃からあるスポーツをずっと今でも継続しているのですが、近所にそのスクールがあります。
そこに最近通っているのですが、みるみる体重が減っていきます。
その代わり私の年にしては、練習が超ハード!!
コーチからは高校生と同じ扱いをされています(汗)。あとお金も結構かかるのがネック。
しかし体重減の他、スキルもアップしている実感はあるのでしばらくは通うつもりでいます。週3回くらい行っているかな?

以上最近の私生活でした(汗)。


[PR]
by mokumokutibita | 2017-11-18 22:24 | Comments(2)
718GTS
最近は毎日雨ばかりで、気が付けば二週間二台ともエンジンをかけておりません。
どっちもというのはこの一年間ではなかったことです。

ところで、とうとうデビューしましたね、718ボクスター・ケイマンのGTS。
それにしてもケイマンSと素カレラの隙間にうまく入り込んだものと感じます。
ケイマンS350馬力、カレラ370馬力に対し、GTS365馬力。
トルクも430N/mとケイマンS 420N/mとカレラ 450N/mの間。

ミッドシップ系のGTSは、今回もSプラス15馬力と10N/mでした。

GTSはSの豪華版で、素とSほどの違いはないと思っており、装備を良くしてバンパーとか換えて、エンジンをちょいといじれば一丁上がりです。
うまいと思うのは「お得感」が強いことで、SにPASM、クロノ、インチアップをしようと思ったのならばGTSを買ったほうがいいと思わせるものがあります。

このあたりうまくないのが国産車で、BRZでも似たようなグレード設定があるものの、お得感が低く、またエンジンパワーがまったく同じなのが痛いです。
エンジンいっしょなら、「必要なパーツ単体で買ったほうがお得」とどうしてもなってしまいます。

ケイマンのGTSとカレラ、排気量は500cc違うのにパワー差は5馬力とほぼいっしょ。最高速はカレラに分がありますが、加速はケイマンGTSのほうがデータでは速くなっています。
ケイマンGTSはかなりターボっぽい加速をし、カレラはNAっぽい加速なのかな~と予想していますが、カレラはSしん試乗していないので、素のカレラの乗り味はちょっと興味のあるところです。

デザインは981GTSと比較すると、フロント部分を尖らせ、バンパーの開口部を左右2つでなく一直線状にし、アグレッシブさより上品なスポーティっぽさを感じます。

それと親バカながら、GTSはカーマインレッドがよく似合っているな~と・・・(汗)



f0091448_00082875.jpg




気になる価格ですが、日本とUSAで比較してみました。

ケイマン  655万円 553百$
ケイマンS 844万円 677百$
ケイマンGTS  ?万円 798百$
ボクスター 694万円 574百$  
ボクスターS 888万円 698百$
ボクスターGTS ?万円 819百$

こうやって比較してみると、装備の差とかあるのかもしれませんが、日本はSが高く感じますね。

私の予想は、ケイマンGTS 970万、ボクスターGTS 1010万也。





[PR]
by mokumokutibita | 2017-10-22 00:43 | Comments(12)
BRZ車検
BRZを車検に出してきました。

車検てすご~く嫌いなんです。
整備や税金などのお金がかかることは別にして、たまに恐怖の電話がかかってくることがあるんですよね・・・
「mokuさん、お預かりしている車なんですが、〇〇が壊れてまして、交換が必要です。」
とか言われ、予算大幅オーバー!
てことがしばしばあります。


f0091448_23535179.jpg
今回も電話がかかってきました。

まず車高が低くて車検通らない!

使用中のサス取り付け時、車検に通る範囲で低くしてほしいと依頼したのですが、その後サスが馴染んだのかへたってきたのか、タイヤが減ったからか、少し車高が落ちてしまったようです。
そもそも取り付けたのもディーラーですので、油断していました。
タイヤの空気をパンパンにして車高を上げることを思いつきましたが、そんな空気圧で納車する訳にもいかないため、苦肉の策としてボディアンダーカバーをはずしてもらうことにしました(汗)。

そしてちょっとショッキングだったのは、「サスのダンパーからオイルが漏れている」と言われたことです。
えええ?もうオーバーオール??

これについては今後調査する予定です。

そして半年後にはケイマンの車検が来ます。
そんな訳で当分金欠が続きそうです(涙)。


[PR]
by mokumokutibita | 2017-09-11 00:11 | Comments(4)
エンジンオイルについて
今日はケイマンのエンジンオイルを交換にポルシェセンターまで行ってきました。

エンジンオイル、ケイマンはモービル1の5W50、BRZもモービル1で0W40を使用しています。

ケイマンの交換サイクルは1年に1回、BRZはまちまちですが、年に2回以上でしょうか。

オイルエレメントはオイル交換時に毎回交換している訳ではありませんが、エレメントも含めると、両車のオイル量はこんな感じです。

ケイマン 8リットル
BRZ 5.5リットル

よって私の場合、年間のエンジンオイルの使用量は、大体18.5リッターくらいのようです(BRZは2回で計算)。

この数字で思いついたのが、20リットル入っている「ペール缶」という存在です。
ケイマンのオイルを0W40(モービル1のこの粘度もポルシェ純正)にすれば、全部同じオイルとなり、ペール缶にしたらすご~く安くあがるのでは?
と思って調べてみました。


f0091448_21252590.jpg


ペール缶は、基本業者用のためカー用品店で売っていなく、ネットで調べてみたのですが、すごく幅があって価格がよくわかりません。
22,000円~42,000円といったところでしたが、42,000円あたりがきっと定価なのでしょう。

ここ1年間の自分の入れたエンジンオイルだけの価格を思い返してみると・・・
ケイマン23,800円(交換1回)
BRZ 18,000円(交換2回)
※BRZのオイルは、オートバックスで安売りを狙ってまとめて買ってます。

計41,800円

ペール缶は定価だとまったく割安感がないようです。
たくさんまとめて買うのだから、定価をもっと安くしても良さそうですけどね・・・

2万ちょっとの価格のペール缶を買えば、オイル代は半分近くなり、2万くらいの節約にはなりますが、ホントに大丈夫でしょうかね?
どこかの国から輸入して、その国では中身を違うのに入れ替えていたりしてないか心配なところがあります。

[PR]
by mokumokutibita | 2017-08-19 21:20 | Comments(2)
残念ながらさすがに無理(涙)
過去いろいろなレーシング系スクールに行きましたが、一番豪華だったのが「レクサスアメージングエキスペリエンス」というレッスンでした。
ポルシェのレッスンも豪華ですが、レクサスさんには敵いません。

そのため結構な参加費にもかかわらず、二度も参加しました。

参加は結構狭き門で、二度も行ったのは私だけかもしれません(汗)。


f0091448_23161731.jpg


何が豪華かと言うと・・・
①車を貸してくれ、しかも酷使させてくれる
②LFAやRCFなど高価な車をサーキットで運転できる
③生徒の数と比較し先生の数が多い
④先生が有名人
⑤食べ物や飲み物などおもてなしが最高
⑥レクサスオーナーでなくとも参加可能
⑦レッスン内容が凝っている

といろいろある訳です。

最初に行った時の参加費は10万、二回目は二日間で13万でしたが、機会があれば無理をしてでもまた参加したいなと思っていました。

だから、たま~にレクサスのHPは覗いていたんです。

そしたら、いつの間にかまた募集しているではありませんか!

しかも今回は、富士のレーシングコースのみを使用し、車はLFA、LC、RCFのレーシングカーを使用するようです。
プロとタッグを組んでレースのようなこともするみたいですね。
募集人数はたった8名らしく、8名のための企画とは何とも贅沢なイベントです。

しか~し!
募集は残念ながら終了してました。
いや~残念!
と思ったら、最後に参加費用が書いてありました。

f0091448_00073310.jpg


なな何と50万!

何でこんなに高いの?と調べてみると・・・
レーシンググッズもいただけるようです。
レクサスデザインのスーツ、メット、シューズ、グローブも事前に採寸して、もらえるみたいですね。
ちゃんとしたメーカーのものをくれるはずだから、そう考えれば高くない?

私のスーツとシューズは古いから、新しくしてもいいかな~
でもメットは新しいし、自分のメットほうがカッコイイからいらないな、などと妄想してみたものの、一日の遊びでこの金額は自分の場合どうやっても無理ですね。

しかしそれだけの金額でも、内容・サービスを考えればレクサスさんにとっては赤字大サービスだとは思います。
内容を見てしまうとあまりに豪華で楽しそうです。

募集が終了してなかったら、車を売ってでも参加してしまいそうでホッとしています(笑)。





[PR]
by mokumokutibita | 2017-08-17 23:48 | Comments(4)
暑くなかった9時間耐久
兵庫県セントラルサーキットで行われる9時間耐久レースは、何と棄権という結果でした。

前日自宅を出発しようとしていたらマシンのオーナーからラインが届き、「やっちゃいました」とマシンの写真が届きました。

全損ではないけれど、右前のフェンダー、ライト、バンパー、ボンネットなどは交換で、自走は無理の状態でした。

修理しての参加は時間的に困難なことが判明、新たに耐久用のマシンを購入することも検討したものの、結局今回は棄権することになりました。

レースに参加することはできないものの、いろんなチケットをキャンセルすることもできないので、とりあえず大阪には入ってきました。

大阪、非常に暑かったけれど、ちょっとホッとしたものがありました(汗)。





[PR]
by mokumokutibita | 2017-08-07 19:46 | Comments(4)
新幹線でサーキットへ
「明日、新幹線に乗ってサーキットへ行き、日曜レースに参加します。」


f0091448_20593180.jpg



この響き、まるでプロのレーシングドライバーのようですね(笑)。

まず新幹線に乗って行くということは・・・
・結構遠いところにまでわざわざ行く
・乗る車は、自分以外の誰かが運ぶ

ということになります。

しかし、最近はサーキットはご無沙汰状態です。
お金がないから、仲間がいないから、平日休めないから、休日は疲れて休んでいるから・・・
とかいろいろ理由があるものの、ちょっと心配です。

f0091448_20590743.jpg



このくそ暑いのによく耐久とか行くな~と自分でも思います。
しかも去年は6人体制だったのに今年は5人!!

メットとスーツ持って新幹線乗るのは初めてじゃないかな?


f0091448_20582434.jpg
行動がプロっほくてもスキルが伴っていない点が悲しい限りです。





[PR]
by mokumokutibita | 2017-08-04 21:00 | Comments(2)
久しぶりのルボランカーズミート

毎年横浜の「赤レンガ倉庫」で行われる、自動車雑誌「ル・ボラン」主催の「カーズミート2017」に行ってきました。


このイベント、入場が無料なのですが、これが無料でできるなら、モーターショーも無料で開催できるようにも感じました。
コンパニオンはいないかもですが(笑)
f0091448_14154250.jpg

レクサスのLCは、人気がありましたね~
乗りたかったけれど、人気がすごくて乗れませんでした。
白もいいけれど、この赤も素敵でした。
f0091448_14155638.jpg

NSXも二台展示
これも乗りたかった・・・
f0091448_14160387.jpg
結構旧車の展示も目につきました。
ロータスヨーロッパ
f0091448_14162871.jpg
今回力を入れて展示していたメーカーは・・・
ボルボ、三菱、ランボルギーニ、ベントレー、アウディ、BMW、ダイハツ、ランドローバー、日産、ジャガー、GM、スバル、マツダ、トヨタ(レクサス)あたりでしょうか。
数年前に脚光を浴びていたマクラーレン、アストンマーチンは今回出展なし
f0091448_14164198.jpg
レーシングカーのGTR
f0091448_14164954.jpg
このギザギザは、きっと意味あるのでしょうね
f0091448_14165321.jpg
普通のGTR
これは運転席に座らせてもらいましたが、内装がとっても豪華でした。
f0091448_14170147.jpg

f0091448_14171220.jpg
これはウラカンですが、アベンタドールもジャガーFタイプもこの色で展示されてました。
最近のポルシェのこの手の色が用意されているし、世界的に流行っているのかもしれませんね。
f0091448_14170539.jpg
レバンテのラジエターってシャッターになっていて閉じたり開いたりするようでした。

f0091448_14171610.jpg
f0091448_14172955.jpg
カウンタックとアベンタドールのデザインは、かなり違っていて、ボディサイド下の絞りについては、カウンタックは驚くべきものがあります。

f0091448_14172399.jpg



f0091448_14173571.jpg
白い内装はベンティガ。
似合うのは、貴族探偵か?

f0091448_14174447.jpg

f0091448_14175061.jpg



f0091448_14180416.jpg
f0091448_14175421.jpg
ランドローバーは登板能力をアピールするためスペシャルステージを用意。

f0091448_14183630.jpg
三菱は高さと角度で勝負。
パジェロとデリカでここを登りきります。
ランドローバーも三菱も申込みすれば、助手席で体験できるようでした。
私は三菱に申込み、デリカに乗ることに!!
f0091448_14184180.jpg

上のほうは結構すごいことになっています。
角度は45度だそうです。
ひっくり返らないか心配です(汗)。
f0091448_14184515.jpg
ランドローバーがスタートしました。
頂上まで上ったと思ったら・・・
f0091448_14190037.jpg
ウィィィィンとコースがせり上がり角度と高さが増します。
おまけに乗員は前のめりになる訳で、かなり怖いはずです。
f0091448_14190906.jpg
私もデリカに乗りましたが・・・
怖いのなんのでした。
車に乗って、今までで一番怖かった瞬間かもです。
「うぎゃあああ」って絶対叫んでしまいますね。
ロケットに乗って空に飛び立つ感じがしましたよ。


こんな角度でも登れるって車ってすごいもんだと感心したのでした。

f0091448_14192225.jpg
このイベント、計画を立てて公道し、一日中いればモーターショーよりも楽しめると思いました。
ただ見るだけでなく、「参加型」のものが多く、ルボランさんには感謝です。




[PR]
by mokumokutibita | 2017-05-29 22:29 | Comments(2)
レクサスLC
日曜は、BRZの定期点検にスバルのディーラーに行ってきたのですが、待っている間は暇だったので、数軒先にあるレクサスディーラーに行ってきました。

お目当てはLC。

初めて実車を見ましたが、思っていたのと結構違っていて、個人的には非常に興味を持ちました。



f0091448_14120735.jpg

この車のライバルで思いつくのは・・・
アストンマーチンDB9(もうすぐ11?)、マセラティGT、BMW6、ベントレーコンチネンタルGT、MBのSクラスクーペあたりで、サーキット云々よりも、ゴージャスでスポーティ、エンジンは強力、スタイリッシュなデザイン、後ろの席はおまけ、といった雰囲気でしょうか。
ポルシェの911も価格的にはライバルかもしれませんが、性格はかなり異なりますね。
f0091448_14123875.jpg
この車、デザインが非常にゴテゴテしていて、見ているだけでもかなり時間を潰せました。
見ているだけで、こんなに時間を潰せたのは初めてかもしれません。
この手の車ってシンプルなデザインが多いのですが、LCはこれでもかってくらいゴテゴテしています。
ゴテゴテしてのに、それでうまくまとまっているという不思議な印象を持ちました。
f0091448_14122363.jpg

ヘッドライト、テールランプは非常に凝ったデザインで、「絵に書いてみろ」と言われると困るデザインです。
ルーフとサイドシルはカーボン。
ピラーとか部分部分にアルミっぽいパーツが貼られていて、これが高級感を増加させています。
タイヤは驚きの21インチ(オプションらしいですが)、ブレーキはポルシェより大きな厚みのあるキャリパーで、大きな2ピースローターが奢られています。
フロント、リアともバンパーも非常に凝った作りで、ドアの下のサイドステップも大きく張り出して凝ったデザインになっています。
パーツパーツのデザインは、尖っていて「鋭さ」を感じさせます。
低い車高の割りには、ボンネットはあまり低くないのですが、シルエットに不自然さは感じさせません。
ドアノブも凝っていて、最初は「どうやってドア開けるの?」と思うかもです。


f0091448_14124306.jpg
コクピットは単に「高級」であることしか感じませんでしたが、外観は非常に凝った作りで、今までの「高級パーソナルクーペ」とは違った路線にいると感じさせます。



f0091448_14121834.jpg


この車は、高原や海といった場所よりも、高級ホテルやオフィス街のほうが似合いそうです。
その点、高級セダンと似ているのですが、この車からは「カンパニー」の香りはせず、ひたすらパーソナル、プライベートの香りがします。

似合いそうなのは、プロのスポーツ選手、デザイナー、音楽家、作家、店舗経営者などでしょうか。
f0091448_14122878.jpg
正直かなり気に入ってしまいました。
欲しいけれど、それよりも先にこれが似合う生活が欲しいですね(汗)。




[PR]
by mokumokutibita | 2017-04-18 22:51 | Comments(0)
東京に戻って半年経過
東京に戻って半年経過しました。
途中3月に一度大阪に行ってみたのですが、まだ「懐かしい」とかはなかったですね。

東京での生活で感じたことと言えば・・・
「車に乗るのが減った」ということです。

確かに今は自転車があるものの、そんなに乗りまくっている訳でもありません。

車の走行については、3割減といった感じです。

これは私に限ったことではなく、普通に生活していると東京に住んで走行距離が伸びる人はあまりいないでしょうね。
なぜ減ってしまうのか?

大阪も東京も似たような環境(オフィス街に通勤するには近めの住宅地)で生活しているのですが、車に乗ると、東京はすべてが遠く感じます。

実際どこかへ行こうとすると、結構距離があるのも確かで、大阪のほうがぎゅっと凝縮されています。
大阪は行きたいお店も近いし、山も近いし、サーキットも近い。

それに対し、東京は行きたいお店が遠い、けれど規模は大きい。
山も遠い、しかし規模は大きい。
サーキットも少し遠い、しかも往復が混雑していて、時間がかなりかかる。

つまり「気軽さ」が不足していて、何をするにも時間がかかってしまうんですよね・・・

そして燃費も大阪より15%くらい悪いように思います。

車の乗り方にも変化があって、これは保管場所の問題もあるのですが、BRZよりもケイマンに乗ることが多くなっています。
個人的には、維持費、ガソリン代の関係もあって、ケイマン1/3、BRZ2/3が理想なのですけどね(汗)。

f0091448_21414371.jpg

ちょっと東京の愚痴っぽくなってしまいましたが、いいところを探してうろうろしてはいます。
今回は自転車で近所をうろうろして、東京っぽくない写真を使わせてもらいました。

f0091448_21455850.jpg











[PR]
by mokumokutibita | 2017-04-10 21:47 | Comments(2)


by mokumokutibita
プロフィールを見る
画像一覧
最新のコメント
cayman987 さ..
by mokumokutibita at 23:41
Zenobia_Beng..
by mokumokutibita at 23:32
おはようございます。 ..
by cayman987 at 08:04
mokuさん、承知しまし..
by Zenobia_Bengal at 09:47
Zenobia_Ben..
by moku at 00:01
直前のお知らせで申し訳あ..
by Zenobia_Bengal at 10:32
Zenobia_Ben..
by moku at 22:49
mokuさん、YRSお疲..
by Zenobia_Bengal at 00:10
Zenobia_Beng..
by moku at 22:37
YRS にお誘い戴きあり..
by Zenobia_Bengal at 16:19
お気に入りブログ
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusha..
venussome.co..
from venussome.com/..
venusgood.com
from venusgood.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
2年ぶりのスクール<やっ..
from 五感を覚醒せよ
ドイツ車
from ドイツ車
ボクスター987納車オフ..
from 戦闘的に走れ!
インプレッサ買取相場について
from 中古車見積って意外と簡単
ライフログ
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧